• 学生の方学生の方
  • 研究者の方研究者の方
  • 一般の方一般の方
 

コロキアム

HOME > Education > コロキアム

◎ コロキアム
EU研究論文で優秀論文を執筆した学生には、「EU研究コロキアム」に参加する機会が与えられます。 これは、駐日欧州委員会代表部のEU職員、ヨーロッパのビジネスリーダー、外交官、研究者などを交えた審査団の前で、研究成果を欧州言語(英・仏・独のいづれか)で発表し、討論する、というものです。コロキアムに参加した学生には、しかるべき賞が与えられます。
◎ 第3回EU研究論文コロキアム
2009年3月23日(月)、大阪大学国際公共政策研究科において第3回コロキアムが開催されました。このコロキアムでは、田中 寛人さん(神戸大学経済学部)が"Comparative Analysis on the Student's Mobility in the EU and Asia"と題した報告を行いました。
詳細はこちらをクリックしてください
◎ 第2回EU研究論文コロキアム
2008年3月19日(水)、関西学院大学図書館ホールにおいて第2回コロキアムが開催されました。コロキアムには中田 千香子(神戸大学経済学部)さん、山口 充 (神戸大学医学部)さん、苅田 弥生 (関西学院大学文学部)さん、Woo Weng Pong (大阪大学法学部)さんの4名がヘイス・ベレンツ駐日欧州委員会代表部一等書記官をはじめとする審査団の前で報告を行いました。
詳細はこちらをクリックしてください
概要
1. 開催日時:2008年3月19日(水) 13時~
2. 出場者:原則として各大学から 2名ずつ
3. プレゼンテーショ

(1) 報告言語:英・仏・独のいずれか
(2) 時間: 1人あたり15分程度
(3) コロキアム報告論文(EU研究論文のサマリー):
  ・ 字数:英・仏・独のいずれか  6,000ワード程度

4. 受賞:最優秀賞、兵庫EU協会長賞、優秀賞
5. 審査員:駐日欧州代表部、EU諸国大使館、EU関連企業、教員など
6. 会場:関西学院大学図書館ホール
7. 論文公表:コロキアム参加者のEU研究論文については、EUIJ関西HPにて公表予定
◎ 第1回EU研究論文コロキアム
2007年3月22日(木)、神戸大学において、第1回EU研究論文コロキアムが開催されました。

"Best Defence of the Year"にDavid Beckstead(神戸大学法学部)さん(論文:The Harmonization of European Private Law)、"Hyogo EU Association Award" に山下 朋子(神戸大学法学部)さん(論文:Legal Framework for the Common European Asylum Policy: Communitarization in the Definition of ‘Refugee’ and ‘Subsidiary Protection’)、"EUIJ Kansai Award" に弓岡 美菜(神戸大学法学部)さん(論文:The Turning point of British European policy - John Major and the Maastricht Treaty -)が選ばれました。 詳細はこちらをクリックしてください

certificate.jpg

概要
1. 開催日:2007年3月22日(木)
2. 出場者:原則として各大学から2名ずつ
3. プレゼンテーション:

(1) 報告言語:英・仏・独のいずれか
(2) 時間:1人あたり15分程度
(3) コロキアム報告論文(EU研究論文のサマリー):
   ・ 字数:英・仏・独のいずれか  6,000ワード程度
  ・ 提出期限:2月20日頃

4. 受賞:最優秀賞:1名、優秀賞:5名
5. 審査員:駐日欧州代表部、EU諸国大使館、EU関連企業、教員など
6. 会場:神戸大学
7. 論文公表:コロキアム参加者のEU研究論文については、EUIJ関西HPにて公表予定