• 学生の方学生の方
  • 研究者の方研究者の方
  • 一般の方一般の方
 

コロキアム

HOME > Education > 第7回授与式

◎ コロキアム
EU研究論文で優秀論文を執筆した学生には、「EU研究コロキアム」に参加する機会が与えられます。 これは、駐日欧州委員会代表部のEU職員、ヨーロッパのビジネスリーダー、外交官、研究者などを交えた審査団の前で、研究成果を欧州言語(英・仏・独のいづれか)で発表し、討論する、というものです。コロキアムに参加した学生には、しかるべき賞が与えられます。
◎ 第7回EU研究論文コロキアム

尾崎雄一

2013年3月21日(木)、関西学院大学図書館ホール(西宮上ケ原キャンパス)にて、第7回EU研究論文コロキアムとEU研究修了証授与式を開催しました。今回のコロキアムでは、神戸大学から4名、関西学院大学から1名の合計5名の学生が審査団を前に研究成果を発表しました。 最優秀賞を神戸大学経済学部の尾崎雄一さんが、また兵庫EU協会賞を神戸大学法学部の古川祐介さんが受賞され、井上典之EUIJ関西代表より賞状と賞品が授与されました。

報告論題:
沖本 孝志(神戸大学経済学部)《EU Institute in Japan, Kansai Award(EUIJ賞)》
「失われた20年と英国病との比較分析」
“A comparative analysis of the Lost20years in Japan and the English-disease”

尾崎 雄一(神戸大学経済学部)《The Best Defence of the Year(最優秀賞)》
「日本のエネルギーベストミックス -欧州各国との比較分析を用いて-」
“Japan's new energy mix policy —Comparative analysis of EU and Japan—”

古川 祐介(神戸大学法学部)《Hyogo EU Association Award(兵庫EU協会賞)》
“The Role and Influence of the European Economic and Social Committee on the Decision —Making Process of the Unitary Patent”

岸本 りえ(関西学院大学大学院商学研究科)《EU Institute in Japan, Kansai Award(EUIJ賞)》
「欧州企業の年次財務報告書におけるCSR情報開示の実態分析」
“An Analysis of CSR Disclosure in the Annual Reports of European Companies”

王 翯(神戸大学大学院法学研究科)《EU Institute in Japan, Kansai Award(EUIJ賞)》
「規範的パワーとEU・中国人権対話-中国におけるICESCRとICCPRの成果の比較-」
“Normative power and EU-China human rights dialogue —Comparing the ICESCR's and ICCPR's achievements in China—”

審査員:
井上 典之教授(EUIJ関西 代表、神戸大学大学院法学研究科)
萩原 泰治教授(EUIJ関西 副代表、神戸大学大学院経済学研究科)
久保 広正教授(EUIJ関西 特別顧問、神戸大学大学院経済学研究科)
バニンコバ エバ准教授(EUIJ関西 顧問、神戸大学)
市川 顕准教授(関西学院大学 産業研究所)
内記 香子准教授(大阪大学大学院国際公共政策研究科)
概要
1. 開催日時:2012年3月21日(木) 14:00~18:00
2. 出場者:原則として各大学から 2名ずつ
3. プレゼンテーショ

(1) 報告言語:
  学 部 生:日・英・仏・独のいずれか
  大学院生:英・仏・独のいずれか
(2) 時間: 報告15分+質疑応答15分程度
(3) コロキアム報告論文(EU研究論文のサマリー):
  学 部 生:日本語:3,000字程度あるいは
              英語、仏語、ドイツ語のいずれか:6,000 words程度
  大学院生:英語、仏語、ドイツ語のいずれか:6,000 words程度

4. 受賞:最優秀賞、兵庫EU協会長賞、優秀賞
5. 審査員EUIJ関西代表、副代表、教員など
6. 会場:関西学院大学図書館ホール(西宮上ケ原キャンパス)

  【過去のEU研究論文コロキアム】

第6回 EU研究論文コロキアム(2011年度)

第5回 EU研究論文コロキアム(2010年度)

第4回 EU研究論文コロキアム(2009年度)

第3回 EU研究論文コロキアム(2008年度)

第2回 EU研究論文コロキアム(2007年度)

第1回 EU研究論文コロキアム(2006年度)