• 学生の方学生の方
  • 研究者の方研究者の方
  • 一般の方一般の方
 

Education - 春季・夏季合宿 - 春季合宿 2008

HOME > Education > 春季・夏季合宿 > 春季合宿2008

◎ EUIJ関西 春季合宿  -  《Spring Intensive EU Workshop 2008》のご報告
 EUインスティテュート関西は、3月26日(水)から28日(金)で、西宮市にある六甲保養荘において春季合宿 Spring Intensive EU Workshop 2008を開催しました。

2008spring


この春季合宿では、ダビデ・ジリオ在大阪イタリア共和国総領事、エティエンヌ・ローラン=ピエーグ在日フランス大使館一等書記官、平島健司教授(東京大学社会科学研究所)、及びEUIJ構成校の教員による講義が行われました。また、学生によるグループワークでは、「ユーロと国際通貨体制」、「EUの対外通商政策」、「安全保障政策とコソボ問題」、「リスボン条約とEUの将来」の4つのテーマに分かれ、夜遅くまで活発に議論し、最終日にはその研究成果を発表しました。この他にもEUIJスカラシップ報告では現地調査旅行での体験談を交えた話を聞くことができ、その合間には外交官・教員と学生の交流会や映画鑑賞会が開催され、充実した2泊3日の合宿となりました。
スケジュール
★1日目(3月26日)

オリエンテーション

講義・ディスカッション

「最近のEU:至近時点の注目点」
久保広正教授(EUIJ関西代表、神戸大学大学院経済学研究科)

講義・ディスカッション

「新規加盟国:移行と課題」
吉井昌彦教授(EUIJ関西アウトリーチ・学術交流部会代表、神戸大学大学院経済学研究科)

グループワーク

グループ I ユーロと国際通貨体制
グループ II EUの対外通商政策
グループ III 安全保障政策とコソボ問題
グループ IV リスボン条約とEUの将来

EUIJスカラシップ報告

映画鑑賞会

講義の様子
講義の様子

グループワークの様子
グループワークの様子

グループワークの様子

★2日目(3月27日)

グループワーク

講義・ディスカッション

「イタリア憲法60周年」
ダビデ・ジリオ総領事(在大阪イタリア共和国総領事館)

講義・ディスカッション

「現代フランスにおける若者と社会不安」
エティエンヌ・ローラン=ピエーグ一等書記官(在日フランス大使館)

講義・ディスカッション

「ヨーロッパ会社と経営参加」
海道ノブチカ教授(EUIJ関西副代表、関西学院大学商学部)

講義・ディスカッション

「リスボン条約とEU」
平島健司教授(東京大学社会科学研究所)

グループワーク

講義 平島健司教授
講義 平島健司教授



★3日目(3月28日)

グループワーク発表・全体討論①

グループワーク発表・全体討論②

講義・ディスカッション

「多国間ルールメーキングにおけるEU」
姫野勉教授(EUIJ関西アウトリーチ・学術交流部会委員、大阪大学大学院国際公共政策研究科)

グループワーク発表・全体討論③

グループワーク発表・全体討論④

総括

ダビデ・ジリオ総領事
ダビデ・ジリオ総領事

エティエンヌ・ローラン=ピエーグ一等書記官
エティエンヌ・ローラン=
ピエーグ一等書記官

講義の様子
講義の様子

グループワークの様子
グループワークの様子

講義の様子
講義の様子

講義の様子

グループワーク発表・討論の様子
グループワーク発表・討論の様子

学生の声(アンケートから)

今後の自分の課題や関心が見えてきて、とても有意義な3日間だった。

人前で発表するのは緊張したけれど、いい経験になった。次回は英語力を鍛え、もっと理解できるようになって参加したい。

普段の学生生活では出会えない他大学の先生方や学生、専門家の方々のお話を聞くことができた。

EUについての知識、考えが得られた。EUの持つ可能性の大きさを知った。

初対面の人たちが集まって討論するのは大変だったが、色んな知識を共有できて、勉強になった。