• 学生の方学生の方
  • 研究者の方研究者の方
  • 一般の方一般の方
 

Publications

HOME > Publications

◎ パンフレット・Annual Review
EUIJ関西パンフレット  (PDF)update
EUIJ関西 Annual Review 2015  (PDF)update
EUIJ関西 Annual Review 2014  (PDF)
EUIJ関西 Annual Review 2013  (PDF)
EUIJ関西 Annual Review 2012 (表紙PDF) (本文PDF) 
EUIJ関西 Annual Review 2011  (表紙PDF) (本文PDF)
EUIJ関西 Annual Review 2010 (表紙PDF) (本文PDF)
EUIJ関西 Annual Review 2009  (表紙PDF) (本文PDF)
EUIJ関西 Annual Review 2008 (表紙PDF) (本文PDF)
EUIJ関西 Annual Review 2007 (表紙PDF) (本文PDF)
EUIJ関西 Annual Review 2006 (表紙PDF) (本文PDF)
◎ レポート

(レポート PDF) (2012年10月11日開催)

(2011年11月26日開催)

プログラム (PDF)


「福島第一原発事後のEUにおけるエネルギー政策:労働組合側の視点から」  (PDF)
Mrs. Laure Batut (欧州経済社会評議会

「日本の電力供給システムと福島第一原発事故」 (PDF) Resume (PDF)
中瀬 哲史(大阪市立大学教授)

「福島第一原発事後のEUにおけるエネルギー政策:経済側の視点から」 (PDF)
Ms. Eve Päärendson (欧州経済社会評議会)

「東日本大震災後の電力政策」 (PDF)
野村 宗訓(関西学院大学産業研究所所長)

「災害の備えと救援協力『糜爛ティア・チームの中心的役割』(ポーランドモデル)」 (PDF)
Mr. Krzysztof Pater (欧州経済社会評議会)

「東日本大震災における市民社会の役割」
関 嘉寛(関西学院大学准教授)

「日本-EU関係における市民社会の役割」 (PDF)
Mr. Sandy Boyle (欧州経済社会評議会

EUIJ関西第7回国際シンポジウム「世界の中のEUと日本」

(2008年9月20日開催)

第1セッション 「環境問題に関する日欧市民社会の対話」
「環境保護におけるNPOの役割―日本の事例」 (PDF)
石川雅紀(神戸大学大学院経済学研究科教授、NPOごみじゃぱん代表)
「サステナビリティー教育へのP&Gの役割とNPOとの連携」 (PDF)
高田 誠(P&Gジャパン・エクスターナルリレーションズ アソシエイトディレクター、サステナビリティープログラムリーダー)
「環境保護におけるNPOの役割―ヨーロッパの事例」 (PDF)
イヴ・パーレンソン(欧州経済社会評議会(EESC)雇用者グループ国際関係担当ディレクター)

第2セッション 「ユーロと国際通貨体制」
「ユーロ・導入から10年を経て」 (PDF)
ポール・デ・グローヴェ(ルーヴァン・カトリック大学経済学部教授)

第3セッション 「安全保障」
「グローバル・セキュリティー・アクターとしての欧州連合」 (PDF)
エイドリアン・トリーチャー(サセックス大学講師)
「日本から見た欧州安全保障防衛政策」 (PDF)
鈴木一人(北海道大学公共政策大学院准教授)
「EU安全保障政策の強化―議長国フランスの優先課題」 (PDF)
ポーリーヌ・カルモナ(駐日フランス大使館参事官)

(2008年5月10日開催)

"From the 'Rescue of the Nation State' to the Emergence of European Spaces" (PDF)
網谷龍介(明治学院大学国際学部准教授)

"Explaining European Integration: The Contribution from Historians" (PDF)
Wilfried Loth (デュイスブルグ・エッセン大学教授)

EU研究ラウンドテーブル
「アジアにおけるEU教育 -課題と解決策:制度・カリキュラム・方法論上の問題点を探る」

(2008年1月25日・26日開催)

EUIJ関西第3回ワークショップ
「EUへの新規加盟‐ポーランドとルーマニアの比較から」

(2006年12月9日開催)

EUIJ関西第4回シンポジウム
「EUと日本におけるコーポレート・ガバナンス」

(2006年11月25日開催)

◎ 新聞記事

日本経済新聞ゼミナール「拡大EUと日本」全24回(2006.07.27~2006.08.31)

※ 本記事は日経新聞社の同意を得てここに掲載しています。