金利(実質年率) 月々の最低返済額 利用限度額 銀行口座開設 借り換え
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 2,000円~ 最大800万円 不要
三菱UFJ銀行カードローン
「バンクイック」
1.8%~14.6% 2,000円~ 10万円~500万円 不要
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 2,000円~ 最大800万円 必要
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 4,000円~ 10万円~800万円 不要
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 3,000円~ 10万円~800万円 不要
じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5% 1,000円~ 10万円~800万円 不要
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% 2,000円~ 10万円~1,200万円 必要

人気の銀行カードローンの詳細

  1. 楽天銀行スーパーローン

    楽天銀行スーパーローン

    実質年率:
    1.9%~14.5%
    借入限度額:
    最大800万円
    借り換え 5.0
    使いやすさ 5.0
    実質年率 4.5

    楽天銀行スーパーローンは年1.9%~14.5%という銀行ならではの金利設定です。
    さらに、楽天会員であれば審査優遇が受けられる点は、他の銀行カードローンにも、消費者金融にもないメリットになります。

    ローンカードで借り入れする場合、コンビニの提携ATMを無料で利用できるだけでなく、指定口座への振込融資を受けることも可能です。
    新規入会で楽天スーパーポイントがプレゼントされるキャンペーンも行われており、はじめて銀行カードローンを利用する人なら楽天銀行スーパーローンを選んで失敗はないでしょう。

    満20歳以上など条件を満たしていればパート・アルバイトなど非正規雇用の方や、学生の方も利用できるので、安心して申し込みをしてください。

    所長からの一言

    楽天銀行スーパーローンは楽天銀行に口座がなくても、振込融資や口座振替ができます。
    他の銀行カードローンでは、その銀行の口座が必須になるケースも多く、持っていない場合には使い勝手が悪くなってしまいます。

    ただし、楽天銀行口座を持っていると24時間365日即時振込による借り入れができたり、カードローンの引き落とし返済で楽天スーパーポイントを貯められたりします。
    楽天銀行スーパーローンの契約後でも大丈夫なので、必要に応じて楽天銀行の口座開設も検討してみてください。

    楽天銀行スーパーローンをチェック!

  2. バンクイック

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

    実質年率:
    1.8%~14.6%
    借入限度額:
    10万円~500万円
    借り換え 4.5
    使いやすさ 5.0
    実質年率 4.5

    三菱UFJ銀行にはテレビ窓口と呼ばれるローン契約機が完備されており、バンクイックのローンカードを来店して受け取ることもできます。
    自宅への郵送を待たなくてもすぐカードが受け取れるため、急いでいる方には非常に便利です。

    借り入れは、三菱UFJ銀行のATMの他、コンビニの提携ATMも手数料無料で利用できます。
    バンクイックは振込融資にも対応していますが、三菱UFJ銀行の口座が必須なので覚えておきましょう。

    所長からの一言

    ローン契約機を完備している銀行カードローンが少ない中、三菱UFJ銀行のテレビ窓口は貴重な存在です。
    ただ、テレビ窓口から申し込みをしても即日でカード発行はできません。
    ネット申し込み後、審査通過の連絡を受けてからテレビ窓口に向かい、カード発行の手続きをしましょう。

    バンクイックをチェック!

  3. みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローン

    実質年率:
    2.0%~14.0%
    借入限度額:
    最大800万円
    借り換え 4.5
    使いやすさ 4.0
    実質年率 5.0

    みずほ銀行カードローンはメガバンクという安心感に加えて、金利年2.0%~14.0%という銀行カードローンの中でも低金利な点がメリットになります。
    利息を抑えて借り入れをしたい方、他社からの借り換えを考えている方はみずほ銀行カードローンがピッタリです。
    まとまった額の借り入れを検討している場合には、できるだけ低金利なカードローンを選びましょう。

    また、取り引きに使うカードは「カードローン専用カード」だけでなく、「キャッシュカード兼用型」もあるので、お好きな方を選択してください。

    所長からの一言

    みずほ銀行カードローンの契約には、みずほ銀行口座が必須になります。
    ネットからだとカードローンと口座開設を同時申込できますが、借り入れまでに時間がかかってしまう点には注意してください。
    お急ぎの方は、カードローンのネット申し込みとは別に、みずほ銀行の最寄りの本支店へ来店して口座開設をするとスピーディな手続きが可能です。

    みずほ銀行カードローンをチェック!

  4. 三井住友銀行カードローン

    三井住友銀行カードローン

    実質年率:
    4.0%~14.5%
    借入限度額:
    10万円~800万円
    借り換え 4.5
    使いやすさ 4.5
    実質年率 4.5

    三井住友銀行カードローンは、バンクイックと同じようにローン契約機でのカード受け取りができます。
    店舗によって営業時間は異なりますが、原則、ローン契約機は平日も、土日・祝日も21時まで利用できるため、お仕事終わりにカードを受け取るということも可能です。
    先にネット申し込みを行い、審査結果が通知されてからローン契約機へ向かいカードを受け取りましょう。

    所長からの一言

    三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の口座がなくても申し込めますが、口座を持っているとお手持ちのキャッシュカードで借り入れができるためWEB完結が可能になります。
    ローンカードを別で持つ必要がないため、財布の中をスッキリさせられるだけでなく、カードが原因で借り入れがバレてしまうということもありません。

    三井住友銀行カードローンをチェック!

  5. イオン銀行カードローン

    イオン銀行カードローン

    実質年率:
    3.8%~13.8%
    借入限度額:
    10万円~800万円
    借り換え 5.0
    使いやすさ 4.0
    実質年率 5.0

    イオン銀行カードローンの年率は3.8%~13.8%とメガバンクにも勝る低い金利です。
    審査に通過すれば確実に年13.8%以下で借り入れができるため、金利重視でカードローンを選びたい方におすすめです。
    イオン銀行はネット銀行でありながら、イオンの店舗内などに自社ATMや店頭窓口を設置しています。
    普段、イオンを利用することが多い人は便利にカードローンも使えるでしょう。

    所長からの一言

    イオン銀行カードローンは、イオン銀行ATMだけでなく、コンビニの提携ATMでも手数料無料で借り入れできます。
    ただし、コンビニの提携ATMはイーネット、およびローソン銀行ATMだけで、セブン銀行ATMは含まれません。
    地方に住んでいて最寄りのコンビニがセブンイレブンしかないという場合などは注意が必要です。

    イオン銀行カードローンをチェック!

  6. じぶん銀行カードローン

    じぶん銀行カードローン

    実質年率:
    2.2%~17.5%
    借入限度額:
    10万円~800万円
    借り換え 5.0
    使いやすさ 4.0
    実質年率 4.5

    じぶん銀行カードローンは金利年2.2%~17.5%の通常コースに加えて、auユーザー限定のau限定割「誰でもコース」、「借り換えコース」という2つのコースも用意されています。
    auユーザーであれば通常コースよりも優遇された金利で融資を受けられるので、auのスマホやネット回線の契約をしている方におすすめです。

    じぶん銀行カードローンは、じぶん銀行に口座がなくても申し込め、他行でも振込融資を受けられます。
    ただし、口座振替で返済できるのはじぶん銀行口座だけなので注意してください。

    所長からの一言

    じぶん銀行カードローンの年2.2%~17.5%という金利設定は銀行カードローンの中では高めです。
    しかし、au限定割の借り換えコースであれば年1.7%~12.5%になります。
    借りたお金で他社借入を返済すること、審査で利用限度額が100万円以上になることといった条件もありますが、借り換えを考えている方にはぜひ検討してほしいカードローンです。

    じぶん銀行カードローンをチェック!

  7. SBIネット銀行カードローン

    住信SBIネット銀行カードローン

    実質年率:
    1.59%~14.79%
    借入限度額:
    10万円~1200万円
    借り換え 4.5
    使いやすさ 4.0
    実質年率 4.5

    住信SBIネット銀行カードローンの契約には住信SBIネット銀行の口座が必須で、キャッシュカードで借り入れをするためローン専用カードの発行はありません。
    住信SBIネット銀行カードローンには、スタンダードコースとプレミアムコースという利用限度額と金利設定が異なる2つのコースがあります。
    スタンダードコースの場合、利用限度額10万円~300万円で、金利は年8.99%~14.79%です。
    これがプレミアムコースになると利用限度額10万円~1,200万円、金利年1.59%~7.99%で、さらに良い貸付条件になります。

    ただし、どちらのコースになるかは審査によって決まるため、自分自身で選択することはできません。
    審査結果が出るまでには数日かかるので、焦らずに連絡がくるのを待ちましょう。

    所長からの一言

    住信SBIネット銀行カードローンはプレミアムコースに目がいきがちですが、スタンダードコースでも十分なスペックです。
    プレミアムコースで契約するためには、それなりの年収や安定した収入が必要だと思ってください。
    また、住信SBIネット銀行のクレジットカードである「ミライノ カード」(JCB)を利用しているなどいくつかの条件を満たすと金利を最大年0.6%も引き下げられます。
    住信SBIネット銀行カードローンで借り入れするなら住信SBIネット銀行をメインバンクにして、様々な関連サービスもあわせて利用すると良いでしょう。

    住信SBIネット銀行カードローンをチェック!