SMBCモビットは即日融資が可能なので、今日中にお金を借りたいと考えている方にも対応できます。
他の大手の消費者金融と比較しても同程度の最短審査スピードであり、急にお金が必要になったときも安心です。

ただし、申し込みを開始する時間帯(営業時間)によっては、契約、借り入れが翌営業日以降になってしまうかもしれません。

この記事では、SMBCモビットで即日融資を受けるためには営業時間の何時までに申し込みをしなければいけないのか、即日融資を受けるまでの流れについて説明をしていきます。

また、夕方以降に申し込みをした場合には即日融資が受けにくい理由についても説明していくので、申し込みをするかどうかの参考にしてください。

SMBCモビットで即日融資を受けるなら19時までに申し込もう

SMBCモビットで即日融資を受けるためには、少なくても21時までに審査結果の連絡が来ていないといけません。
ネットからだと24時間の申し込みができますが、審査の対応をしてくれるのは9:00〜21:00までとなっています。

そのため、21時までに連絡がなかった場合には、審査結果が分かるのは翌日以降となるのです。

SMBCモビットでは平日の19時までの申し込みについては最短30分で審査結果が分かります。
即日融資を受けたいのであれば、19時までに申し込みを完了させた方が良いでしょう。

19時以降の申し込みだと絶対に即日融資が受けられないというわけではありません。
しかし、審査結果の連絡後に書類提出、契約手続き、カード発行などをすることを考えると19時というのが1つの基準になると言えます。

SMBCモビットは申込方法によって即日融資の流れが異なる

SMBCモビットには次の2つの申込方法があります。

SMBCモビットの申込方法

  • カード申込
  • WEB完結申込

実は、どちらの申込方法を選択するかで、即日融資までの流れが変わります。
それは、申込方法によっては利用できない借入方法があるためです。

SMBCモビットの申込方法と借入方法

借入方法 カード申込 WEB完結申込
ローンカード 発行不可
スマホATM
振り込み

※ スマホATMでは、セブン銀行ATMでSMBCモビットの公式アプリを利用して借り入れをすることができます。

カード申込とWEB完結申込は両方とも即日融資に対応していますが、WEB完結で申し込んだ場合にはローンカードを発行することができません。

そのため、ローンカードを利用してATMから出金するということはできないのです。
ローンカードがないと不便という方はカード申込を選択してください。

次に、それぞれの申込方法の特徴、どのような流れで即日融資を受けるのかについて説明していきます。

SMBCモビットで「カード申込」を選択する場合

カード申込では、必ずローンカード(モビットカード)の発行が必要になります。
そのため、即日融資を受けるには自動契約機でカード発行ができるということが絶対条件なのです。

SMBCモビットのカード申込で即日融資を受けるためには、次の流れで手続きを進めましょう。

「カード申込」で即日融資を受ける流れ

  • ネットから申し込みをする

    ネットからだと24時間いつでも申し込みをすることができます。
    パソコンやスマートフォンから手続きをしてください。

    最短30分で審査を完了させるためにも、平日19時までに申し込みを完了させるようにしましょう。

  • SMBCモビットのフリーコールへ連絡をする

    申込完了画面にSMBCモビットのフリーコールの電話番号が表示されます。
    その番号に連絡をすると、優先的に審査を開始してくれるため、通常よりも早く審査結果を出してもらうことが可能です。

    フリーコールに電話が繋がるのは9:00~21:00なので、申し込みをしたらすぐに連絡を入れることをおすすめします。

  • SMBCモビットからの電話連絡を待つ

    その後、SMBCモビットから個人の連絡先に電話が入ります。
    SMBCモビットは10秒で簡易審査結果表示なので、申込画面ですぐに簡易審査結果を確認することが可能です。

    ただし、あくまでも「簡易審査」なので、その後の審査にはより詳細な情報が必要になります。
    電話では審査に必要な情報が尋ねられるので、正確に回答しましょう。

  • 会員登録を行う

    無事に審査に通過したら、そのまま会員登録に必要な手続きを行なっていきます。
    契約に必要な書類、提出方法を案内するメールが届くので、指示に従いインターネット経由で手続きを進めていきましょう。

  • モビットカードを発行する

    SMBCモビットでカード申込をした場合、ローンカードを発行するまでは融資を受けることができません。
    そのため、本審査に通り会員登録をしたら、自動契約機でモビットカードを受け取ってください。

    後ほど詳しく説明しますが、SMBCモビットは自社のローン申込機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機でもカード発行ができます。

    カード発行をしたら、提携ATMからすぐに借り入れをすることが可能です。

  • 自宅に届く契約書類を返送する

    カードを受け取った時点で借り入れはできますが、カード申込の場合には、その後、入会申込書などが自宅へと届きます。

    必要事項を記入した上で、同封の返信用封筒に入れて返送してください。
    ローンカードを自動契約機で受け取った場合にも、入会申込書の提出が必要な点には注意が必要です。

SMBCモビットで「WEB完結申込」を選択する場合

一方、WEB完結申込では原則として、すべての手続きをWEB上で行うことが可能です。
自動契約機などに来店することも、電話がかかってくることもありません。

そして、SMBCモビットが人気な理由の1つでもありますが、WEB完結申込をすると勤め先確認の電話もないのです。
電話ではなく書類による在籍確認を行うため、職場にSMBCモビットから電話が来ることはありません。

ただし、WEB完結申込をするためには、次の条件をすべて満たしている必要があります。

WEB完結申込の条件

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに自身名義の口座を持っている
  • 社会保険証、もしくは組合保険証を持っている

電話による在籍確認でもプライバシーには配慮され、担当者の個人名、非通知で金融機関から電話がかかってきます。

そのため、勤め先確認の電話があっても職場に借り入れがバレる心配はないのですが、できれば避けたいという方も多いでしょう。

WEB完結申込であれば、勤務先が分かる社会保険証や組合保険証の提出が必須なので、電話連絡をしなくても在籍確認をすることが可能なのです。

土日、祝日などの休業日、夜間などの終業時刻の後だと電話での在籍確認が難しいことも多いですが、WEB完結申込であれば、その心配もいりません。

SMBCモビットのWEB完結申込で即日融資を受けるには、次の流れで手続きを進めましょう。

「WEB完結申込」で即日融資を受ける流れ

  • インターネットで「WEB完結申込」を選択する

    SMBCモビットの公式サイトで「WEB完結申込」を選択して、申込手続きを行います。
    WEB完結申込は、審査に必要な情報をすべて入力しなくてはいけません。

    その分、カード申込のような、後から審査に必要な項目を追加で電話回答するという手間もないのです。
    ただし、申込内容に確認事項が出てきた場合には、例外としてSMBCモビットから電話が入ることもあります。

  • 審査結果をメールで確認する

    WEB完結申込では、審査結果の連絡はメールで来ます。
    適用金利、契約限度額、今後の入会手続きの案内などもあるので、しっかりと目を通しておきましょう。

  • ネットで入会手続きを行う

    入会のための手続きもすべてネット上で行うことができます。
    契約に必要な本人確認書類、収入証明書などを提出してください。

  • 振り込みなどで借り入れをする

    契約が完了すると「入会完了メール」が届きます。
    このメールが届いた時点で借り入れができるようになるので、振り込み、もしくはコンビニでスマホATMを利用して融資を受けることが可能です。

SMBCモビットで即日融資を受ける方法

次に、SMBCモビットで即日融資を受けたい場合の、借入方法について説明していきます。
どの借入方法を選択するかによって、即日融資を受けるために手続きを完了すべき時間が異なるので注意が必要です。

1. ATMでローンカードを使い現金を引き出す

SMBCモビットでローンカードを使いATMから現金を引き出す場合には、自動契約機の営業時間に注意してください。
営業時間が過ぎてしまうと、当日中にカードを受け取ることはできません。

また、SMBCモビットのローンカードが受け取れるのはSMBCモビットのローン申込機、三井住友銀行内のローン契約機の2箇所です。

SMBCモビットの入会手続きをする際に、カードの受取場所を選択します。

どちらを利用する場合でも、営業時間が21時までの店舗が多いので、自宅や職場から近い最寄りの店舗を利用すると良いでしょう。

SMBCモビットのローン申込機でカード発行する場合

SMBCモビットのローン申込機は次のような営業時間となっています。

SMBCモビットのローン申込機の営業時間

平日 土日・祝日
8:00~21:00 8:00~21:00

※ 店舗によって営業時間が異なる場合があります。

平日も土日・祝日も21時までの営業です。
カードの受け取りには、審査通過後に発行される「予約番号」、本人確認書類などが必要になります。

最寄りのローン申込機の場所はSMBCモビット公式サイトで検索することができるので、事前に調べておくとスムーズにカード発行、借り入れができるでしょう。

三井住友銀行内のローン契約機でカード発行をする場合

消費者金融の自動契約機へ入るのに抵抗があるという人は、三井住友銀行内のローン契約機を利用すると良いでしょう。

全店舗ではありませんが、三井住友銀行でもモビットカードの発行ができます。

三井住友銀行内ローン契約機の営業時間

平日 土日・祝日
9:00~21:00 9:00~21:00

※ 店舗によって営業時間が異なる場合があります。

SMBCモビット自社の契約機と同様に、平日、土日・祝日ともに21時まで利用することができます。
営業の開始時刻は1時間遅い9時からですが、銀行の窓口業務終了後でもカード発行ができるのは嬉しいですね。

ローン契約機は周りからは見えないように覆われていますが、人目が気になるという方は、あえて銀行の窓口が閉まってから来店すると良いかもしれません。

SMBCモビットのローン申込機を利用するときと一緒で、「予約番号」、本人確認書類などがカードの受け取りには必要であり、場所はSMBCモビットの公式サイトで調べることが可能です。

2. SMBCモビット公式アプリとセブン銀行ATMを利用する

SMBCモビットはスマホATMでの取り引きにも対応しているため、ローンカードがなくても借り入れをすることができます。

ただ、注意したいのは、SMBCモビットでカード申込をした場合、カード受け取りをしないことには借り入れができないということです。

同じく大手消費者金融であるアイフル、プロミスでは、郵送でカード受け取りをする場合、カード到着前でも借り入れができます。

しかし、SMBCモビットで借り入れをするには、事前のカード受け取りが必須なので、いずれにせよ自動契約機に足を運ぶ必要があるのです。

カードの受け取りをすれば、SMBCモビット公式アプリを使いセブン銀行ATMでカードレスでの取り引きができますが、以下の時間帯はスマホATMでの借り入れはできません。

SMBCモビットでスマホATMが利用できない時間帯

曜日 利用できない時間帯
月曜日 前日23:50~当日7:00
火曜日~金曜日 前日23:50~当日0:10
土日 前日23:50~当日0:10
祝日 曜日ごとの平日営業時間に準じる

※ その他、メンテナンスなどにより利用できない場合があります。

月曜日のみ7時からの利用となるので、日曜日に契約、カード受け取りをする人は注意した方が良いでしょう。
日曜日の23:50を過ぎるとセブン銀行ATMでは、翌日の7時まで取り引きができなくなります。

3. 振り込みで融資を受ける

次に振り込みによって即日融資を受ける方法を説明していきます。
カード申込をした場合でも振込融資を利用することはできますが、振り込みには銀行の営業時間が関係するため、ATMを使う方法とはまた違う注意点があるのです。

振込先に関係なく当日中に入金してもらうためには、平日14:50までに振込手続きを完了させなくてはいけません。
その時間帯を過ぎた場合、土日・祝日など銀行の休業日に振込依頼をした場合には、金融機関の翌営業日まで入金が繰り越されることがあります。

ただ、2018年10月より「モアタイムシステム」という新しい決済サービスが開始され、多くの金融機関が参加しています。
その参加銀行であれば、平日14:50以降であっても即日の入金が可能です。

WEB完結申込の指定金融機関である三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行をはじめとして、楽天銀行、住信SBIネット銀行など多くの銀行がメンテナンスを除いては24時間の即時入金に対応しています。

振込先として利用する金融機関によって、当日中に振り込みが実施されるタイムリミットが異なるので、心配な方は事前に確認をしておくと安心でしょう。

SMBCモビットで即日融資を受けるのに用意すべき書類

SMBCモビットで即日融資を受けるためには、早めに必要書類を準備しておくようにしましょう。
契約のために必要なのは、本人確認書類と収入証明書の2枚です。

他社のカードローンでは、借入希望金額が50万円までだと収入証明書を原則不要としていることもありますが、SMBCモビットの場合、金額に関係なく提出を求められることが多いです。

SMBCモビットの必要書類

本人確認書類 収入証明書
・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
など
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書
・税額通知書
・所得証明書
など

※ 給与明細書は直近2ヶ月分が必要で、賞与があった方は年間の賞与額が分かる賞与明細書もあわせて提出してください。

また、上記以外にも提出書類に関して指示が出されるケースもあります。
例えば、会社勤めでない自営業者の方などは「営業状況確認のお願い」というSMBCモビット独自の書類の記入も必要です。

必要箇所にチェックを入れるだけなので簡単ですが、もし提出を求められたら公式サイトからダウンロードした上で必要事項を記入していきましょう。

SMBCモビットは夕方以降の申し込みだと即日融資が難しい理由

SMBCモビットは即日融資に対応しているものの、夕方以降の申し込みでは当日中の借り入れができないケースもあります。
他の消費者金融と比較することで、SMBCモビットは夕方以降の申し込みだと即日融資が難しい理由が見えてきました。

30分で審査が終わらない場合も多い

大手消費者金融では、最短30分審査としているカードローン会社が多いです。
あくまでも「最短」なので、審査状況によっては結果が出るのが遅いケースもあります。

ただ、SMBCモビットの最短30分審査には「平日19時までに申し込みをした場合」という条件が付くため、他社よりも審査時間が長引くことが予想されます。

最短30分で審査が完了するという点は一緒ですが、どんな場合でも30分で審査結果が分かるわけではないということを覚えておいてください。

できるだけ審査時間を短縮するためには、記事の前半で説明したように申込完了画面に表示されるフリーコールへ連絡しましょう。
優先的に審査を始めてくれるので、通常よりもスピーディに審査結果が分かります。

自動契約機の営業時間が21時まで

SMBCモビットは、審査の回答、自動契約機の営業時間ともに21時までです。
そのため、21時になる少し前に審査結果の連絡があった場合、それから自動契約機へ向かっても間に合いません。

他の大手消費者金融では、審査回答が21時まででも、自動契約機の営業は22時までというケースが多いです。
審査回答が21時でも、それから自動契約機の営業終了まで1時間の猶予があります。

小さな差ですが、審査に時間がかかることも加味すれば、この1時間の差は即日融資が受けられるかに大きな影響を与えるでしょう。

また、SMBCモビットは自社の自動契約機の設置台数が他社と比べると少ないです。
最寄りの自動契約機までが遠いと移動にも時間がかかるため、さらに即日融資が難しくなります。

実は、SMBCモビットは自社の自動契約機を撤廃する方針を取っており、三井住友銀行内のローン契約機に統合される予定です。

今まで自動契約機があった場所からはなくなってしまう可能性もあるので、事前に設置場所をしっかりと確認しておきましょう。

ローンカードを受け取るまでは借り入れができない

WEB完結申込で契約をした場合を除いて、SMBCモビットのローンカードを受けるまでは借り入れをすることができません。

WEB完結申込の条件が満たせずカード申込をした方は、ローンカードの受け取りがその日のうちにできるかどうかが即日融資の可否に大きく影響するのです。

ただ、カードの受け取り方法で郵送を選択した方でも、初回借入で振り込みを希望をすれば、カード受け取り前に融資が受けられることがあります。

ローンカードが届くまでの日数は住んでいる場所、配送状況などによっても変わります。
SMBCモビットのオペレーターさんによれば、カードは東京から発送されますが、都内に住んでいても3日前後はかかるそうです。

近くに自動契約機がない方は郵送でのカード受け取りを選択することになると思いますが、カード到着まで待てないという場合には、振り込みでの融資を相談してみてください。

郵送でのカード受け取りが必要なケースもある

ローンカードで即日融資を受けるには、自動契約機でのカード発行が必要です。
先ほど説明したように、郵送でのカード受け取りだと、自宅に届くまで数日かかってしまいます。

加えて、SMBCモビットの公式サイトには「審査の内容によっては郵送のみの対応になることもございます。」という記載があるので注意が必要です。

基本的には、会員登録時に選択した方法でカードを受け取ることができますが、場合によっては郵送受取が必要になります。
また、どのような場合に郵送受取の選択しかできないのかは公表されていません。

あまりないケースだとしても、即日融資を希望するなら知っておいた方が良いでしょう。

【まとめ】SMBCモビットで即日融資を受けるには午前中の申し込みがおすすめ

SMBCモビットは最短30分審査で即日融資にも対応していますが、他の大手消費者金融と比較すると審査スピードは遅めです。

そのため、申し込みをするのが夕方以降になってしまった場合には、即日融資を受けられない可能性が高いです。

できれば午前中に申し込みを済ませ、余裕を持って契約、借り入れの手続きを進めていきましょう。

また、条件を満たしている方は、WEB完結での申し込みがおすすめです。
勤め先確認も含めて電話連絡なし、郵送物なし、来店なしで契約、借り入れができます。

カード申込をした方は、ローンカードを受け取るまで、基本的には借り入れができないため、カード発行ができる自動契約機が近くにあるのかを調べておいてください。

もし、夕方以降に申し込みをする場合には、即日融資のことを考えると、SMBCモビットではなく、プロミスアコムを選んだ方が当日中に借り入れができる可能性が高いです。

プロミス、アコムにははじめて契約する方を対象とした無利息サービスがあるという点もSMBCモビットにはないメリットだと言えます。

申し込みをする時間帯によって、即日融資の可能性が高い消費者金融を選びましょう。