プロミスで即日融資を受ける方法!今日中に借りられる営業時間は何時まで?

お金が必要なタイミングは急に訪れますよね?
そんなときでもプロミスならすぐにお金を借りることができますが、必ず全員が即日融資を受けられるというわけではありません。

プロミスで即日融資を受けるためには、営業時間内でもいくつかのタイムリミットがあるのです。

そのため、申し込みなどの手続きをする時間が遅いと、その日の内にお金を借りることは難しくなります。

どうしても今日中に借り入れをしたいという場合には、営業時間内の何時までにどのような手続きを完了させなくてはいけないかを確認しましょう。

プロミスの営業時間は?何時までに申し込めば即日融資を受けられる?

プロミスに限らずカードローンを契約するためには審査に通過しないといけません。
そして、プロミスは審査を行ってくれる時間が決まっているので、その時間を過ぎてしまうと審査開始は翌日となります。

プロミスの審査対応営業時間

平日 土日・祝日
9:00~21:00 9:00~21:00

プロミスが審査を進めてくれたり、審査結果を回答してくれたりする営業時間は、平日、土日・祝日ともに21時までです。

申し込みをしたのに21時までに連絡が来なかったという場合には、結果の連絡がメールや電話であるのは翌日の9時以降となります。

加えて、注意をしたいのが、審査対応時間のギリギリに申し込みをしても即日融資を受けられないという点です。

プロミスの審査時間は最短30分ほどだと公表されています。

つまり、30分で審査結果の連絡があると仮定しても、20:30までに申し込みを完了させないことには、その日の内に契約へ進むことはできません。

ただ、30分という審査時間はあくまでも最短なので、余裕を持って遅くても60分前(20時まで)には申し込みの手続きを完了させるようにしましょう。

また、審査結果の連絡は審査状況次第で、なかなか来ないということもあります。
プロミスはインターネット申し込みであれば24時間できるので、お金が必要だと思ったらすぐに申し込みを行うということが重要です。

審査対応時間外の深夜、早朝でもネット申し込みを済ませておけば、9時を過ぎた時点で審査を開始してくれます。

プロミスで即日融資を受けたいときにおすすめの契約方法

プロミスには次のような申し込み方法があります。

  • インターネット
  • 電話(プロミスコール )
  • 自動契約機
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)
  • 郵送

申込方法によってはどうしても契約までに時間を要することもあるのです。
郵送での申し込みを選択する人は少ないでしょうが、迷うのはインターネットか、自動契約機かだと思います。

一刻も早く手続きをするために自動契約機へと向かってしまうかもしれませんが、即日融資を受けたい方におすすめなのはネット申し込みです。

ネット申し込みなら待ち時間の短縮ができてベスト

自動契約機で申し込みを一から始めてしまうと、契約機内で審査結果が出るのを待たなくてはいけません。
少なくても30分は待ち時間が発生し、もしかしたらもっと長い時間がかかってしまう可能性があります。

そこで、自動契約機を利用する場合でも、申し込みはインターネットで済ませておくのがおすすめです。
先にネット申し込みをして審査結果の連絡が来てから、自動契約機へ向かいます。
そうすれば、自動契約機内での待ち時間を短縮することができ、契約機内ではカード発行、契約手続きだけをすれば良いのです。

また、プロミスに申し込みをしても審査に通らないという可能性もあります。
プロミスの2018年の成約率は45%ほどなので、2人に1人は契約ができていません。

自動契約機内で30分待った上に審査に落ちたとなるとさらに時間が無駄になるので、ネット申し込みをして、審査通過の連絡を受けてから自動契約機へと向かってください。

即日融資には一次審査の電話連絡がないフル入力がおすすめ

プロミスのネット申し込みには次の2種類の方法があります。

  • カンタン入力
  • フル入力

どちらで申し込みをしても審査基準などは一緒なのですが、即日融資を希望する場合には「フル入力」がおすすめです。

カンタン入力は入力する項目が少ないため、一見、フル入力よりも早いように感じるかもしれません。

しかし、カンタン入力で申し込みをすると、入力内容をもとに一次審査というフル入力をしたときにはない審査が行われます。

その後、審査結果の連絡と、二次審査に必要な項目を聞くために個人の連絡先へとプロミスから電話が来ることになるのです。

その電話で必要な項目に口頭で回答をして、ようやく次の審査に進めます。

一方、フル入力で申し込みをすれば、一次審査や電話連絡なしで審査が進んでいくことになるのです。

カンタン入力でいう所の二次審査にいきなり入るようなものなので、工程自体も少なく、正式な結果が出るまでもスピーディだと言えます。

パソコンやスマホでの入力が苦手で、すべての項目を入力するのにとても時間がかかってしまうという方はカンタン入力でも良いですが、それ以外の方はフル入力で申し込みをしましょう。

フル入力とカンタン入力の流れ

  1. 【フル入力】
    すべての審査項目を入力

  2. 必要書類をネットから提出
    (Web契約を選択した場合)

  3. 審査結果の連絡

  1. 【カンタン入力】
    最低限の審査項目だけを入力

  2. 一次審査の結果連絡
    入力しなかった項目を口頭で回答

  3. 必要書類をネットから提出
    (Web契約を選択した場合)

  4. 審査結果の連絡

※ フル入力で申し込みをした場合でも、必要に応じてプロミスから電話がかかってくることがあります。
※ Web契約ではなく、来店での契約を選択した場合には、自動契約機などに必要書類を持参します。

【借入方法別】プロミスで即日融資を受ける流れ

プロミスで即日融資を受けるならインターネット申し込みが良いということをここまで説明してきましたが、その後の借入方法にもポイントがあります。
申し込みをした日に審査通過できても、契約ができない、借り入れができないということになると意味がありません。

プロミスには次の3つの借入方法があり、方法ごとに申し込み後の手続きをしなくてはいけないタイムリミットが異なるので注意してください。

プロミスの3つの借入方法

  1. ローンカードで即日融資
  2. 振込キャッシングで即日融資
  3. アプリローンで即日融資

それでは、借入方法別に即日融資を受けるまでの流れを見ていきましょう。

1. ローンカードで即日融資を受ける場合

プロミスの審査に通っていれば、ローンカードは自動契約機で受け取りができます。
そのため、ネット申し込みをして審査通過の連絡があったら、必要な書類を持参して最寄りの自動契約機へと向かいましょう。

ローンカードで即日融資を受ける流れ

手続き 概要
ネット申し込み
(フル入力推奨)
プロミスの審査は21時までなので、余裕を持ち遅くても20時までには申し込みを完了させましょう。
フル入力であれば、審査途中での電話連絡がなくスムーズです。
審査結果の連絡 審査結果の連絡があり、無事、審査に通ったら自動契約機へ向かってください。
詳しくは後述しますが、審査結果の連絡があってからだと自動契約機の営業時間が終了してしまうという場合には、申し込みをしたらすぐに契約機へ向かっても良いと思います。
自動契約機へ向かう 来店での契約になるため、必要書類を持参し、契約機内のスキャナーを利用して提出します。
具体的な案内はプロミスからありますが、本人確認書類、場合によっては収入証明書も必要です。
契約手続き
カード発行
自動契約機に着いたら必要書類を提出して、契約の手続きを進めます。
書類に不備がなければ正式に契約完了となり、その場でローンカードの受け取りが可能です。
ATMで借り入れ 自動契約にはプロミスの自社ATMが併設されています。
そのため、ローンカードを発行したら、すぐに借り入れをすることが可能です。

契約をしてローンカードさえ受け取れれば、プロミスATM以外にも、提携ATMでお金を借りることもできます。

プロミスATMだと平日、土日・祝日ともに7:00~24:00まで営業しており、提携ATMでもコンビニなどを利用すれば24時間、好きなタイミングに借り入れが可能です。

プロミスの自動契約機の営業時間は何時まで?

プロミスの自動契約機は営業時間が決まっています。

そのため、審査に通過できたと油断していると、自動契約機が閉まってしまいローンカードをその日の内に受け取れないということもあるのです。

プロミス自動契約機の営業時間

平日 土日・祝日
9:00~22:00 9:00~22:00

※ 店舗によって営業時間が異なる場合もあるので、事前にプロミス公式サイトで確認をしてください。

プロミスの審査対応時間は21時までだったので、なんとかギリギリの21時直前に連絡があったという場合には自動契約機の営業終了までは60分ほどの猶予があります。

都心部だと自動契約機の数も多いですが、地方の場合には近くにないという可能性も考えられます。
最寄りの自動契約機はプロミス公式サイトで検索できるので、審査に通ったらどこへ向かえば良いのかを事前に調べておくとスムーズでしょう。

また、プロミスにはスタッフが在中している店頭窓口もありますが、営業時間が短いためお急ぎの方にはおすすめできません。

プロミスの店頭窓口の営業時間

平日 土日・祝日
10:00~18:00 休業日

分からないことをスタッフに質問しながら手続きができるというメリットはありますが、平日も夕方までの営業であり、土日・祝日に関しては休業日となっています。
自動契約機にもオペレーターへと繋がる電話が設置されているので、特別な理由がないなら契約機を利用するのがおすすめです。

加えて、店舗数も非常に少なく、職場や自宅の近くにあるとも限りません。
自動契約機と同様にプロミス公式サイトで検索ができるので、どうしてもという方はまずは生活圏に店頭窓口があるかを探しましょう。

プロミスカードの受け取りは三井住友銀行内でも可能

また、プロミスカードの受け取りは三井住友銀行内のローン契約機でも可能です。

こちらも店舗によって営業時間が異なる場合もありますが、21時まで利用することができます。

三井住友銀行内ローン契約機の営業時間

平日 土日・祝日
9:00~21:00 9:00~21:00

銀行の窓口業務が終了した後でも利用できるのは嬉しいですね。
また、プロミスなど消費者金融の契約機へ出入りするのは人目が気になるという方にもおすすめです。

ただし、プロミスの自動契約機よりも1時間早く営業を終了するという点には注意してください。
プロミスの審査対応時間ギリギリに連絡があった場合には、同じ時刻に三井住友銀行内のローン契約機の営業が終了してしまうため間に合いません。

21時までの営業なので仕事帰りでも間に合う方も多いと思いますが、プロミスの自動契約機の営業終了とは時間が異なることを覚えておきましょう。

2. 振込キャッシングで即日融資を受ける場合

次に振込キャッシングで即日融資を受けるまでの流れを説明していきます。
実は、振り込みで融資を受ける場合には、どの金融機関の口座を利用するかによって即日融資が受けられるタイムリミットが異なるのです。

ただ、プロミスは多くの金融機関が24時間の振り込みサービス(瞬フリ)に対応しているため、まずは瞬フリが利用できることを前提にした流れを見ていきましょう。

振込キャッシングで即日融資を受ける流れ

手続き 概要
ネット申し込み
(フル入力推奨)
ネット申し込みについてはローンカードを利用する場合と一緒です。
20時までに申し込みをして、審査対応が終了する21時までに審査結果の連絡が来るようにしましょう。
必要書類の提出 今回は来店をせずにWeb契約をするため、申し込み後にプロミスから送られてくる必要書類提出の案内メールに従って、指示のあった書類を出します。
スマホのカメラ機能を使えば、面倒なくスムーズに提出ができるでしょう。
審査結果の連絡
返済方法などの選択
審査結果の連絡があったら、返済方法やカード郵送の有無を選択していきます。
郵送手続きなしのWeb完結をするなら、返済は「口座振替」、カードの郵送は「希望しない」を選択してください。
契約手続き
カード発行
返済方法などの登録ができれば、正式に契約が完了となります。
振込依頼 プロミスの会員サービスにID、パスワードを入力してログインしましょう。
その後、振込キャッシングのメニューから借入金額などを入力すると指定の口座へと入金があります。

プロミスの振込キャッシングで即日融資を受けられる時間帯は、振込先となる金融機関によって異なります。

プロミスの瞬フリサービスには次のような金融機関が対応しているので、お持ちの口座があるかを確認してください。

瞬フリ対応の金融機関

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行
  • イオン銀行

などなど

以上のような銀行であれば、メンテナンス時間を除いて、24時間365日、振込手続きから最短10秒で入金があります。
記載したのは主な瞬フリ対応銀行だけなので、他の金融機関を利用したい方も、まずはプロミス公式サイトで調べてみましょう。

3. アプリローンで即日融資を受ける場合

プロミスをはじめとするいくつかの消費者金融ではアプリをローンカード代わりとして利用できます。
プロミスの場合には「アプリローン」という名称でサービスを展開しており、他の借入方法とは違いローンカードも、銀行口座も不要です。

公式アプリにはアプリローン機能以外にも便利なサービスがたくさんあります。
アプリローンを利用する予定がなくてもダウンロードしておくと便利でしょう。

今回はスマホで申し込みを行い、そのままネット上で契約手続きを済ませるという流れを説明しますが、他の申込方法、契約方法を選択した方でもアプリローンの利用は可能です。

プロミスのアプリローンで即日融資を受けるには、次のような手順で手続きを進めてください。

アプリローンで即日融資を受ける流れ

手続き 概要
ネット申し込み
(フル入力推奨)
審査対応時間は申込方法に関係なく共通で21時までです。
20時には申し込みを済ませて審査結果が出るのを待ちましょう。
必要書類の提出 スマホのカメラ機能を利用して必要書類を撮影してください。
アプリでは書類提出をすることも可能です。
審査結果の連絡 審査結果の連絡が来たら、そのままスマホで契約手続きを進めていきます。
契約手続き
カード発行
契約方法は「来店」を選択することもできますが、自動契約機まで行く時間がもったいないので「Web」を選びましょう。
その他、利用明細の確認方法なども登録していき、契約手続きを完了させます。
ATMで借り入れ
(セブン銀行のみ)
契約が済んだら、近くのセブン銀行ATMへと向かってください。
アプリローンが利用できるのはセブン銀行だけなので、最寄りのセブンイレブンを調べておくと借り入れまでがスムーズです。
あとは、アプリとATM画面の指示に従って操作を進めれば、ローンカードなしでも借り入れができます。

アプリローンはスマホATMというセブン銀行のサービスを利用しています。
そのため、セブンイレブンなどに設置されているセブン銀行ATMでのみ借り入れが可能です。

近くにセブンイレブンがないという方は使いにくいサービスなので、その場合はローンカードを発行する、振込キャッシングを利用するなどしましょう。

プロミス アプリローンの詳しい情報

プロミスで即日融資を受けるために確認しておきたいこと

借入方法別に即日融資を受ける流れについて説明をしてきました。
プロミスは最短30分審査なので午前中だけでなく、夕方、夜の申し込みであっても即日融資が受けられる可能性はあります。

しかし、次のような場合には審査結果が出るまでに時間がかかってしまい、即日融資が難しくなるでしょう。

土日・夜間の申し込みは在籍確認ができるかがポイント

プロミスだけでなくどの金融機関のカードローンでも、審査の過程で在籍確認を行なっています。

在籍確認とは、申込者が申告した職場に電話連絡を行い、本当に勤めているのかを確かめる作業のことです。

「プロミス」などとは名乗らずに担当者の個人名で電話がかけられ「◯◯さんはいらっしゃいますでしょうか?」と尋ねられます。

そこで本人が電話を受ける、本人に取り次がれる、本人不在でも在籍が分かる回答があったのであれば在籍確認はクリアとなるのです。

職場にカードローンのことがバレたり、在籍確認の対応に長い時間がかかったりという心配はありませんが、土日、夜間などで職場に人がいないときは注意してください。

プロミスが在籍確認の電話をしても職場に電話を受ける人がいない場合には、日時を改めて、また電話がかけられます。

土日休みの会社だとそもそも人がいないケースが多く、そうなると週明けの月曜日まで審査がストップしてしまうのです。

また、夜に申し込みをするときも同様で、審査終了の1時間前である20時に申し込んでも職場に人がいないと在籍確認ができないため、翌日まで審査結果の連絡はありません。

職場の規則に反しないのであれば、ネットで申し込みをした後に、在籍確認の連絡が来るまでは退勤せずに残っているという方法もあります。

その際はあえて「カンタン入力」で申し込みをしても良いでしょう。
一次審査に通過したタイミングでプロミスからスマホに電話がかかってきますが、そのときに在籍確認の時間について相談をするのです。

「フル入力」だと在籍確認が実施される時間は分かりませんが、「カンタン入力」だと何時くらいに電話をするのかを聞いたり、いつ頃であれば電話を取れるという要望を伝えたりできます。

契約に必要な書類を事前に準備しておこう

必要書類の提出がすぐにできないという場合も、そこで審査がストップしてしまいます。

Web契約だと申し込みの直後、来店契約だと審査通過後に書類を提出しますが、必要な書類が手元になかった、書類に不備があり再提出となったというときには、有効な書類をプロミス側が確認するまでは正式に契約手続きをすることはできません。

また、本人確認書類は全員が必要ですが、収入証明書は提出が求められる人と、不要な人がいるので注意してください。
特に収入証明書はすぐに準備ができないということもあり、そうなると即日融資を受けるのはとても難しくなります。

まずはどのような書類が必要になるのかを見ていきましょう。

本人確認書類は必ず提出が必要

すべての人が共通で必要となるのが本人確認書類です。
運転免許証があれば大丈夫ですが、ない方は別の書類でも代用ができます。

プロミスの本人確認書類

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票など

基本的には運転免許証のような顔写真付きの本人確認書類が必要になります。
顔写真付きの本人確認書類を一切持っていないという方は、健康保険証と別の書類1枚(住民票など)でも手続きが可能です。
ただし、その場合にはWeb契約ができないため、自動契約機、もしくは店頭窓口に来店しての契約が必要になります。

また、引越しなどで住所が変わったのに、免許証の住所変更を行なっていないという方は注意してください。
現住所の記載がない本人確認書類の場合には、今の住所を確認できる書類もあわせて必要になります。
現住所が記載された次の書類の中から一つを用意しましょう。

現住所の確認ができる書類

  • 公共料金の領収書(電気、ガス、水道、NHKなど)
  • 住民票の写し、もしくは住民票記載事項証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 税金の領収書(国税、地方税)、もしくは納税証明書

※ いずれの書類も発行日から6ヶ月以内のもののみ有効です。

収入証明書は不要なケースもあり

収入証明書はプロミスから提出が求められない限り用意をする必要はありません。
ただし、貸金業法という法律にもとづき、次のどちらかに該当する場合には収入証明書の提出が必ず必要になります。

収入証明書が必要な場合

  • プロミスでの借入希望金額が50万円を超える場合
  • プロミスでの借入希望金額と他社借入の合計が100万円を超える場合

収入証明書の提出が求められたら、次の書類のいずれかを用意してください。

プロミスの収入証明書

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)+最新の賞与明細書
  • 税額通知書(最新のもの)
  • 所得(課税)証明書(最新のもの)

おそらく簡単に用意できるのは源泉徴収票、確定申告書だと思います。
会社員の方は毎年の年末~2月くらいの間に源泉徴収票を受け取っているはずです。

もし、勤続1年未満でまだ源泉徴収票が発行されていない、失くしてしまってすぐに見つかりそうにないという場合には過去2ヶ月分の給与明細書を準備すると良いでしょう。
ボーナスの支給があった方は賞与明細書も必須ですが、なかった方は給与明細書だけで大丈夫です。

また、自営業者の方なら確定申告書が手元にあると思います。

先ほど説明した収入証明書が必要な場合に該当しなければ、本人確認書類1枚での申し込みが可能です。
ただ、契約後でも利用限度額を50万円超に増額するためには収入証明書の提出が必要になります。
新規申込時以外でも、任意のタイミングで収入証明書を提出することは可能なので、後々増額することも検討している方は早めに出しておいても良いでしょう。

借入希望金額が高額だと審査にも時間がかかる

プロミスは最短30分審査ではありますが、審査状況によっては結果が出るまでに時間がかかることもあります。
申し込みが集中して審査開始が遅かったというケースもありますが、すぐに審査が始まった場合でも借入希望金額が高額だと融資の可否を決めるのに時間がかかる可能性が高いです。

基本的に、借入希望金額が高くなると審査基準は厳しくなり、金融機関はより慎重に審査を行います。
審査がより慎重になるラインは、収入証明書が必要な50万円超を一つの基準として考えても良いでしょう。

カードローンは契約限度額が高ければ、適用金利は低くなる傾向にありますが、あまり高望みをすると審査に時間がかかり、即日融資が難しくなるケースもあるのです。

即日融資を希望する方は、必要最低限の金額でプロミスに申し込みをするようにしてください。
借入希望金額が50万円以下であれば収入証明書が不要なので、用意する書類も少なくて済みます。

【まとめ】プロミスで即日融資を受けるなら遅くても20時までに申し込みを!

プロミスは21時までは審査を行なってくれますが、少なくとも審査に30分かかることを考えると余裕を持って20時までには申し込みを完了させた方が良いでしょう。
しかし、あまりにも時間ギリギリで手続きを進めていくと、何かミスがあったときに即日融資が受けられなくなってしまいます。

可能であれば午前中に申し込みを済ませ、早めに審査に通過しておくと良いと思います。
審査に通過しさえすれば、あとはネット、もしくは来店で契約手続きをしていくだけです。

自動契約機に来店して契約をする場合には22時までというタイムリミットがありますが、瞬フリやアプリローンで借り入れをするなら自動契約機の営業時間も関係ありません。

ただ、瞬フリには特定の銀行口座が必要、アプリローンはセブン銀行ATM限定という点には注意してください。

借入方法まで考慮した上で申し込めば、プロミスで即日融資が受けられる可能性がぐっと上がるはずです。
いずれにせよ、21時を過ぎてしまうと明日以降の審査開始となるので、早めに申し込みをするようにしましょう。