お金を借りたいと思っている方の中には「今日中にお金を借りたい!」と考えている人が多いのではないでしょうか?

お金を借りる方法といえばカードローンが一般的ですが、時間がかかりそうな金融機関の審査でも早ければ30分程度で完了します。

そのため、早めに申し込みをして無事に審査を通過すれば即日融資を受けることも可能なのです。

消費者金融は即日融資可能

ただし、すべての金融機関が即日融資に対応しているわけではありません。
金融機関や、借入方法によっては、実際にお金を借りられるまで1週間、1ヶ月と時間がかかってしまうこともあります。

この記事では、以下の点について詳しく説明していくので、ぜひ最後まで読んでください。

今日中に借りれるカードローン

目次

即日融資が受けられる可能性が高いおすすめカードローン

早速、即日融資を受けられる可能性が濃厚なカードローン会社を紹介していきます。

カードローンを扱う主な金融機関は、消費者金融、銀行の2種類ですが、すぐに借りたい方は消費者金融を選びましょう。

詳しくは後述しますが、業界全体のルールとして銀行カードローンは即日融資を停止したため、新規の申し込みではすぐにお金を借りるということはできないのです。

数ある消費者金融の中でも即日融資を希望する方におすすめなのが次の3社で、各社最短30分審査となっています。

即日融資におすすめの消費者金融3社

消費者金融 金利 限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
アイフル 3.0%~18.0% 800万円 最短30分

消費者金融の多くは即日融資に対応していますが、お急ぎの方は上記の3社が良いでしょう。
中には「最短○○分」としていても、あくまで「最短」というケースもあります。

できるだけ早く借りたいという場合には信頼できる大手の消費者金融を選んでください。

ただし、上記の3社でも100%即日融資が受けられるというわけではありません。
それぞれの会社には即日融資を受けるための条件があるので、まずはその条件をクリアしているかを確認していきましょう。

押さえておきたいポイントは次の3つです。

即日融資を受ける前に押さえておきたいポイント

  1. 審査受付をしている時間帯
  2. 自動契約機の営業時間
  3. 利用可能な借入方法

以上の3点を比較してみると、アイフル、アコム、プロミスの3社では①審査受付をしている時間帯、②自動契約機の営業時間に大きな差はありません。

大手消費者金融で即日融資を受けるポイント

消費者金融 審査受付時間 自動契約機の営業時間
プロミス 9:00~21:00 ・9:00~22:00(自動契約機)
・9:00~21:00(三井住友銀行内ローン契約機)
アコム 9:00~21:00 ・8:00~22:00(自動契約機「むじんくん」)
・8:00~22:00(三菱UFJ銀行カードローンコーナー)
アイフル 9:00~21:00 ・8:00~22:00

※営業時間は設置場所、曜日によって異なる場合があります。来店の前に公式サイトなどで確認するようにしましょう。

ただ借入方法には各社違いがあるので、その点を目安にしてどこで借りるべきかを決めても良いでしょう。

プロミスで即日融資を受ける方法

プロミスの審査受付時間は9:00~21:00なので他社と差はありませんが、三井住友銀行内のローン契約機の営業時間も21:00までという点に注意しましょう。

ギリギリに審査に通過しても三井住友銀行のローン契約機が利用できないという可能性があります。

プロミスの自動契約機なら22:00までの営業なので、ローンカードをすぐに発行したい方は営業時間にも注意してください。

プロミスの借入方法の特徴は、ローンカード、振込融資、スマホアプリの3つすべてに対応していることと、24時間振込ができる銀行口座がたくさんあるということです。

プロミスの即日融資を更に詳しく

プロミスの借入方法

借入方法 概要
ローンカード 自動契約機、もしくは三井住友銀行内ローン契約機で契約、カード発行ができます。
自社ATMの営業時間は自動契約機よりも長く、7:00~24:00までとしている場所が多いため、カード発行ができれば日付が変わるまでは借り入れが可能です。
プロミスの自社ATMの営業時間が過ぎてしまった場合には、24時間営業のコンビニにある提携ATMを利用すると良いでしょう。
振込融資 プロミスには瞬フリというサービスがあり、特定の銀行であれば24時間最短10秒ほどで入金があります。
三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、楽天銀行など多数の金融機関が瞬フリに対応しているのです。
アコムよりも対応銀行が多いという点は大きなメリットでしょう。
スマホアプリ アイフルと同様に、プロミスの公式スマホアプリもローンカード代わりとして利用できます。
ネット申し込み後に、そのままネット上で契約を済ませてください。
あとはアプリをダウンロード、会員情報を利用してログインすれば、セブン銀行ATMでカードレスでの借り入れが可能です。

アコムで即日融資を受ける方法

アコムも他社と同様に9時~21時までが審査受付の時間となります。
基本的な流れには違いがなく、インターネット申し込み、審査通過後にローンカードの発行、振り込みの手続きなどを進めていきましょう。

アコムは三菱UFJ銀行グループなので、アコムの無人契約機である「むじんくん」だけでなく、三菱UFJ銀行内にあるカードローンコーナーでも手続きが可能です。

消費者金融の契約機へ入るのに抵抗を感じる方にはおすすめな方法と言えるでしょう。

アコムはスマホアプリでの借り入れはできませんが、指定する銀行口座によっては24時間振込融資を受けることも可能です。

アコムの即日融資を更に詳しく

アコムの借入方法

借入方法 概要
ローンカード むじんくん、三菱UFJ銀行カードローンコーナーのどちらかで契約、カード発行ができます。
場所によって営業時間が異なる場合もありますが、22:00までであれば手続きを進めることが可能です。
コンビニATMだけでなく、アコムの自社ATMも24時間営業なので深夜でもローンカードでの借り入れができます。
振込融資 楽天銀行を振込先に指定した場合には24時間最短1分ほどで振込融資を受けることができます。
その他の金融機関だと手続きの時間帯によっては翌営業日に振込実施の時間が繰り越されることもあります。

アイフルで即日融資を受ける方法

まずはインターネットからアイフルの申し込みを行います。
審査受付は9時~21時までですが、できるだけ早い時間帯に申し込みをした方が安心です。

アイフルは最短30分審査ではありますが、受付時間ギリギリに申し込みをしてしまうと結果が時間内に出ず、翌営業日の連絡となってしまいます。

もし受付時間の終了が近いという場合には、ネット申し込みをした後にアイフルに電話連絡をしてください。
そうすることで、優先的に審査を開始してくれます。

審査に通ったら自動契約機でカード発行、もしくは振り込みで借り入れが可能です。

また、アイフルの公式アプリを利用すれば、ローンカードがなくてもセブン銀行ATMから現金の引き出しができます。

アイフルで借り入れをする場合、借入方法によってその日の内に融資が受けられる時間が違うため注意が必要です。

アイフルの即日融資を更に詳しく

アイフルの借入方法

借入方法 概要
ローンカード 無人契約機の営業時間内に契約、カード発行を行えば、併設されている自社ATMで借り入れが可能です。
また、コンビニ設置のATMであれば24時間融資を受けることもできます。
振込融資 銀行の営業時間が振り込みの実施時間に関係するため、平日の14:10までに手続きをしないと翌営業日の融資になってしまうため注意が必要です。
即日振込を希望する場合には、午前中に契約を済ませ、振込手続きをした方が良いでしょう。
スマホアプリ スマホをアプリをローンカード代わりとして利用することで、セブン銀行ATMでの借り入れができます。
契約はスマホで完了させればよく、自動契約機へ来店する必要はありません。
契約を済ませさえすれば、いつでも借り入れができるようになり、自動契約機の営業時間に影響されない点が大きなメリットです。

会社が土日休みで在籍確認ができない場合

大手の消費者金融にはSMBCモビットもありますが、他の3社と比較すると審査結果の連絡までに時間がかかる場合もあるようです。

最短30分審査という点は一緒なので、十分に即日融資を受けられる可能性はあるものの、申し込みをする時間が遅い場合には避けた方が無難でしょう。

ただ、SMBCモビットの「WEB完結」という申込方法を利用すれば、会社への電話連絡なしで契約を完了させることが可能です。

SNBCモビットは審査において在籍確認をしないため休日の融資可能

カードローンを契約するためには職場での勤務実態を確認するための「在籍確認」が必須であり、ほとんどの金融機関では電話による確認を行なっています。

そのため、電話を受けられる人がいない会社の休業日などには、在籍確認が完了しないため審査がそこでストップしてしまうことがあるのです。

大手の消費者金融なら土日も審査をしていますが、在籍確認ができないと、結局は週明けまで審査結果は出ません。

SMBCモビットのWEB完結申込では電話をしないため、たとえ会社の休業日に申し込みをしたとしても、問題なく審査を進めてくれます。

SMBCモビットでWEB完結ができる条件

ただし、SMBCモビットでWEB完結申込をするには条件があります。
この2つの条件を満たしていない場合には「カード申込」となり、職場への電話連絡が実施されるため、会社の休業日だと即日融資を受けるのが難しくなるのです。

WEB完結申込の条件

  1. 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに自分名義の口座を持っている
  2. 社会保険証、もしくは組合保険証を持っている

特に重要になるのが保険証の種類であり、勤務時間が短いアルバイトの方、自営業者の方などが加入している国民健康保険だとWEB完結はできません。

社会保険証、組合保険証は、そのもの自体が会社などで働いていることを証明できる書類なので、勤務先への電話なしでも契約ができるのです。

SMBCモビットのWEB完結申込をする注意点

SMBCモビットでWEB完結申込をすると借入方法、返済方法が限定されます。
WEB完結申込をするには三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに口座がないといけませんが、その銀行口座が振込先となり、返済(口座振替)にも利用されるのです。

WEB完結申込をした場合には、後でカード発行をするということはできず、振り込みでしか借り入れができません。

他社でも「WEB完結」、「ネット完結」という言葉を使うこともありますが、プロミスの場合だと職場への電話連絡はあるものの、契約後にローンカードを発行することもできます。

以上の点を踏まえた上で、WEB完結で申し込みをするかを決めてください。

モビットの即日融資を更に詳しく

即日融資でその日にお金を借りるまでの流れ

即日融資でその日にお金を借りるまでは次のような流れで進んでいきます。

即日融資の流れ

  1. 申し込み
  2. 審査の開始
  3. 審査結果の連絡
  4. 契約手続き
  5. 借り入れ

今日中にお金を借りたくてもできなかったというケースの多くは③審査結果の連絡に時間がかかってしまったということが多いです。

最近ではスマホで契約も、借り入れもできる消費者金融が増えているため、まずは審査に通過しておくという点が非常に重要になります。

即日融資を受けるためのポイントについてもう少し詳しく見ていきましょう。

申し込みは店頭よりもネット経由がおすすめ

少し前まではカードローンを申し込むなら自動契約というイメージを持っていた方が多いと思います。
しかし、自動契約機で一から申込手続きをするのは効率的ではありません。

申込方法に関わらず審査には最短でも30分がかかるため、その間、自動契約機内で待つというのはおすすめできないのです。

もし審査に落ちてしまえば、その待ち時間は無駄になりますので、スマホやパソコンなどからネット申し込みをしてください。

アコムでは、実に約90%の人がスマホ経由で申し込みをしているというデータもあります。

自動契約機を利用したい方も、申し込みはネットで行い、審査通過の連絡を受けてから来店すると無駄な待ち時間がなく効率的でしょう。

審査結果の連絡までは最短で30分程度

大手の消費者金融では審査時間を最短30分としている会社が多いです。
あくまでも「最短」ではありますが、中にはもっと早く審査結果の連絡があったというケースもあるようです。

審査は人の手だけでなくコンピューターも利用して行われるため、このようにスピーディに融資の可否を判断することができます。

中にはSMBCモビット(カード申込)、レイクALSAのように申し込みの完了画面にすぐに審査結果を表示させるというカードローンも存在します。

申込完了画面に審査結果が出る消費者金融

SMBCモビット
(カード申込)
【10秒で簡易審査結果表示】
最小限の申込内容で簡易審査を行うため、申込完了画面にすぐに結果を表示することができます。
ただし、あくまでも簡易審査なので信用情報、在籍確認、申込内容の確認を行なっていく過程で否決されるケースもあるので注意しましょう。
レイクALSA 【最短15秒で審査結果を表示】
8:10~21:50※までは申込完了画面にすぐに審査結果が表示されます。
時間外だと、翌営業日以降にメールなどで審査結果の通知が行われます。

※ 毎月の第3日曜日は8:10~19:00までです。また、場合によっては電話連絡があることもあります。

なぜ各社がこのようなスピードで融資の可否を判断できるのかというと、コンピューターによる自動スコアリング審査が採用されているためです。

申込内容をコンピューターが点数化して、過去の利用者の情報と照らし合わせることで融資しても良いのかを迅速に判断することができます。

ただ、申込内容をもとにした審査は仮審査とも言われ、その内容が正しいのか、信用情報に問題はないのかをチェックしていく本審査によっては融資ができないと判断されることもあります。

契約はネットでも自動契約機でも可能

即日でカードローンの契約を済ますには自動契約機、もしくはネットを利用します。

大手の消費者金融では自社の自動契約機があるため、審査に通り、営業時間内であれば契約とカードの受け取りがすぐに可能です。

一方、ネットを利用すれば来店不要で契約を完了できます。

ローンカードを使わない振込融資、スマホアプリでお金を借りるのであれば、申し込み~契約まですべてネットで済ませるのが最短の方法になるでしょう。

申込手続きの途中で借入方法についても回答する部分があるので、都合の良い方法を選んでください。

即日融資に対応しているカードローンでも今日中に借りられないケース

次に即日融資に対応している消費者金融であっても、当日中の借り入れができないケースについて説明していきます。

審査が早い消費者金融なら絶対に即日融資ができるというわけではないので、融資が明日以降になってしまうケースを事前に把握しておくことは重要です。

注意点だけでなく、その場合の対応策についてもふれているので、ぜひ参考にしてください。

審査受付の対応時間を過ぎてしまっている

カードローンはネットなら24時間いつでも申し込みをすることができますが、深夜・早朝は審査受付の時間外となります。

大手の消費者金融だと21:00までのカードローンが多いので、それ以降に新規申込をした場合には実際に借り入れができるのは早くても明日になるのです。

先ほどは取り上げなかった消費者金融も含めて、各社の審査受付時間をまとめました。

消費者金融の審査受付時間

消費者金融 平日の審査時間 土日・祝日の審査時間
プロミス 9:00~21:00 9:00~21:00
アコム 9:00~21:00 9:00~21:00
アイフル 9:00~21:00 9:00~21:00
SMBCモビット 9:00~21:00 9:00~21:00
レイクALSA 8:10~21:50 9:00~21:50 ※1
ノーローン 9:00~20:30 9:00~20:30
J.Score 9:00~19:00 -

※1 毎月第3日曜日は8:10~19:00までです。

レイクALSAがもっとも遅い時間まで対応してくれ21:50までであれば、即日融資が受けられる可能性があります。

レイクの即日融資を更に詳しく

また、みずほ銀行とソフトバンクの共同出資で生まれた比較的新しい消費者金融であるJ.Scoreに関しては土日、祝日は審査を受け付けていないので注意が必要です。

受付時間を過ぎてしまった場合には即日融資はできないので、記事の後半で説明する消費者金融のカードローン以外でお金を借りる方法が取れないかを検討しましょう。

必要書類の提出ができず審査が進まない

申込内容が正しいかどうかを確認するために本人確認書類、収入証明書の提出が必要になります。

どのタイミングで提出するかは金融機関によっても違いますが、(仮)審査の結果連絡の後に書類の提出をする場合には、審査に通っていても書類を出さないことには正式な契約には進めません。

そのため、あらかじめ必要になる書類をしっかりと準備しておくと良いでしょう。

本人確認書類は運転免許証があれば間違いないですが、持っていない方はパスポート、マイナンバーカードなどの顔写真有りの書類を用意してください。

健康保険証しか持っていない方は、別途、公共料金の領収書、住民票など現住所の確認ができる書類も必要になる可能性が高いです。

金融機関の指示に従って必要な書類を用意しましょう。

また、収入証明書は以下のケースに該当した場合にだけ必要になります。

収入証明書が必要なケース

  1. 希望借入金額が50万円を超える場合
  2. 他社借入と希望借入金額の合計が100万円を超える場合
  3. その他、金融機関が必要だと判断した場合

①と②は貸金業法という法律で決められていることなので、どの消費者金融であっても基準となる金額には差がありません。

また、①と②に該当しなくても、収入が不自然に高い、本当に働いているか怪しいといったケースでは金融機関の判断によって収入証明書が必要になることもあるのです。

収入証明書は、会社員の方は源泉徴収票、自営業者の方は確定申告書があれば良いでしょう。

いずれも最新年度のもので、勤続年数が1年未満の会社員の方は直近2ヶ月分の給与明細、支給があった場合には賞与明細書も合わせて提出してください。

金融機関、会社員か自営業かなどによって有効な書類が違う場合もあるので、心配な方は申し込みの前に確認しておくと安心です。

会社の休業日で在籍確認が取れない

必要書類の提出と同様に、在籍確認も融資を受ける前に完了させなくてはいけません。

会社の休業日、営業時間終了後など、電話を受ける人間がいない場合には在籍確認が取れないため審査が進まないのです。

電話を受けるのは自分でも、他の人でも問題ありません。
「~さんはいらっしゃいますか?」と取り次ぎを求められますので、本人が出る、もしくは「~はただいま席を外しております。」、「~は本日お休みをいただいております。」といった勤務実態が確認できる返答でも在籍確認は完了します。

SMBCモビットのWEB完結申込は職場への電話連絡がないため、勤務先に電話を受ける人がいなくても問題はないです。

その他の金融機関では電話での在籍確認が原則となります。

WEB完結申込の条件を満たしていない方はアイフル、アコムであれば在籍確認の方法について相談が可能です。

ネット申し込みをした後に電話連絡をして、会社が休業日である旨を伝え、何か代替案はないかを相談してみましょう。

審査に落ちてしまい、再度申し込みをしなくてはいけない

いくら消費者金融が即日融資に対応しているといっても審査に落ちてしまってはお金を借りることはできません。

特に、夕方以降に申し込みをして否決された場合には、別の申し込み先を探す時間が十分に取れないという可能性もあります。

実は消費者金融に申し込みをした人のうち、契約ができているのは約50%です。
つまり、2人に1人は審査に落ちるなどで契約を結ぶことができていません。

大手の消費者金融の成約率

消費者金融 成約率
プロミス 45.4%
アコム 43.9%
アイフル 45.4%
レイクALSA 29.73%

※ 2018年4月~2019年2月までのIR情報をもとに平均値を計算しています。ただし、レイクALSAは2018年4月~2018年12月までの値です。

レイクALSAに関しては契約できているのが3人に1人なので、審査に不安がある方は避けた方が無難でしょう。

少しでも審査に落ちてしまうリスクを減らすには、次の2点を意識してください。

審査落ちのリスクを減らす方法

  1. 希望借入金額は必要最低限にする
  2. 入力内容、書類の不備に注意する

大は小を兼ねますが、希望する借入金額が大きい場合には審査基準は厳しくなります。

そのため、念のためと思って希望金額を多めにしてしまうと、それが原因で審査に落ちてしまうということもあるのです。

限度額は後で増額することもできるので、まずは必要最低限の金額で申し込みをしてください。

また、入力内容や提出書類の不備は余計な手続きを増やしてしまうだけでなく、ときには信頼を損ねてしまう原因にもなります。

基本的な審査はコンピューターによる自動審査かもしれませんが、担当者に悪い印象を持たれてしまうのは避けたいところです。

入力内容に間違いがないかをよく確認するというだけでなく、申込確認、本人確認で電話がきた場合には丁寧な対応を心がけるというのも重要でしょう。

加えて、闇雲に複数社へ連続で申し込みをするのも避けてください。
消費者金融などの金融機関は信用情報機関を通じて申込者の契約状況、借入状況をすべて把握できます。

短期間に複数社に申し込みをしていると切迫した状況にあると判断され、それが原因で否決されてしまうこともあるのです。

多くても2社、できればもっとも見込みがありそうな1社に絞ることをおすすめします。

自動契約機の営業時間が終了して契約、カード発行ができない

ローンカードでATMから借り入れをするためには、自動契約機でカードの受け取りをする必要があります。
審査に通り、会社終わりにカード発行をしようと思っていても予想外の残業で自動契約機の営業時間が終了してしまうと即日融資が難しくなるのです。

各社の自動契約機の営業時間は平日、土日ともに21:00、もしくは22:00までとなっています。

例外としてはレイクALSAなら24:00まで利用できる自動契約機もありますが、店舗によって営業時間が異なる場合もあるので事前に確認をしてください。

もし仕事が終わる時間の予測が難しいという場合には、ネットで契約までを済ませ、スマホアプリで借り入れをすると良いでしょう。
スマホアプリでも消費者金融の融資が受けられる

※ スマホアプリをローンカード代わりとして使えるのはアイフル、プロミス、SMBCモビットです。また、利用できる場所はセブン銀行ATMだけとなります。

銀行の営業時間外で振り込みをしてもらえない

振り込みでの融資を希望する方は銀行の営業時間にも注意しなくてはいけません。

平日の15:00以降、土日・祝日などは銀行が営業していないため、振込依頼をしても入金があるのは翌営業日となってしまうことがあります。

ただし、最近では各消費者金融が24時間振込に対応しているケースも多く、特定の銀行口座を持っているなら24時間借り入れが可能です。

営業時間外における振込融資の対応状況

銀行 プロミス アコム アイフル レイクALSA SMBCモビット
三井住友銀行 -
みずほ銀行 - - -
三菱UFJ銀行 -
ゆうちょ銀行 -
りそな銀行 - -
楽天銀行 - -
住信SBIネット銀行 - -
イオン銀行 - -
ジャパンネット銀行 - -

◯:銀行営業時間外でもすぐに振り込みが実施されます。(メンテナンスなどを除く)

△:時間帯によっては銀行営業時間外でもすぐの振込実施があります。

-:銀行の営業時間外の振込依頼は翌営業日の入金となります。

アイフルとSMBCモビットは即日での振込融資ができるかどうかが銀行の営業時間に大きく左右されます。

一方、プロミスとレイクALSAだと多くの銀行がすぐの振り込みに対応しているため、契約が完了していれば即日振込も期待できるでしょう。

また、すぐの振り込みはできないけど当日中の入金は可能、深夜・早朝の入金はできないけど夕方までなら即日振込可能といったケースもあるので、事前に確認しておくと安心です。

即日融資の締め切り時間の長さで選ぶならプロミスがおすすめ

当日の午前中から申し込みを開始するなら、大手の消費者金融のどこを選んでも即日融資でお金を借りられる可能性は濃厚です。

ただ、どこに申し込みをすべきか迷っているという場合にはプロミスを選ぶことをおすすめします。
即日融資でお金を借りるならプロミス

プロミスをおすすめする理由

  • 最短30分審査でスピーディ
  • 2種類のカードレス融資に対応
  • 24時間振込の対応銀行が多い
  • 上限金利は年17.8%で少し低め
  • 初めての借り入れなら無利息期間が適用

プロミスの審査は最短30分と即日融資を希望する方にとっても十分なスピードであり、ローンカードを利用する以外にも、振り込み、アプリといった2種類のカードレス融資にも対応しています。

つまり、カードローンの契約さえ完了すれば、自動契約機の営業時間が終了してしまっていても即日融資が受けられる可能性が高いということです。

他の消費者金融だと年18.0%が上限金利の会社が多いですが、プロミスなら年17.8%と少しだけ低いですし、無利息期間もあるので初めてお金を借りる方でも失敗なしの借入先と言えるでしょう。

借入先に迷っているなら、ぜひプロミスに申し込みをしましょう。

※ 無利息期間の適用には、プロミスとの初めての契約であること、メールアドレスとWEB明細を登録することという条件があります。

消費者金融だけじゃない?即日融資でお金を借りられる方法

お金を借りる方法の中で消費者金融のカードローンはトップクラスに融資までのスピードが早いです。

カードローンは、基本的に担保や保証人不要でお金を借りることができ、他のローン審査と比較しても結果が出るまでの時間は短い傾向にあります。

ただ、即日融資を受けるには他にも方法があります。
場合によっては、消費者金融のカードローンよりも早い、消費者金融ですぐに借りられない人にも対応可能というケースもあるので把握しておきましょう。

クレジットカードで即日融資を受ける方法

クレジットカードにはキャッシング枠というお金を借りるためのサービスが付帯している商品もあります。

通常の買い物に利用するショッピング枠とは審査も別ですが、今まで使った経験がなくても設定済みという方もいるのではないでしょうか?

クレジットカードのキャッシング枠を利用しても、即日融資が受けられる可能性はあるのです。

キャッシング枠有りならすぐにお金を借りられる

まず、お手持ちのクレジットカードにすでにキャッシング枠の設定ができているという方は近くのATMですぐに借り入れができます。

設定したか覚えていないという場合には、クレジットカードの発行時に郵送されてきた契約書類、もしくはインターネットの会員サービスにログインすることで確認が可能です。

例えば、楽天カードの場合だと「楽天e-NAVI」という会員サービスにログインをして、「現在のご利用可能額」の詳細を見ればショッピング枠、キャッシング枠のそれぞれがいくらで設定されているかを確認できます。

もしキャッシング枠自体がない、キャッシング枠が0円という場合には借り入れはできません。

キャッシング枠の設定を新たに行う場合には申込手続きだけでなく、審査なども必要になるため即日融資を受けることはできないので注意が必要です。

また、キャッシング枠が設定済みでお金を借りようと思っている方も以下の2点に注意してください。

クレジットカードでキャッシングするときの注意点

  • 分割ではなく一括での返済が必要なカードもある
  • キャッシングはショッピングの利用限度額にも影響する

カードローンで借りたお金は分割で返済をするため1ヶ月あたりの負担は小さいですが、クレジットカードのキャッシングだと商品次第で翌月、翌々月に一括で支払いが必要ということもあるのです。

クレジットカードによって返済方法が異なるので、借りる前に確認をしましょう。

加えて、キャッシングで借りた金額分はクレジットカードの利用限度額から差し引かれます。
そのため、すでにショッピング枠をギリギリまで利用している場合にはキャッシング枠があっても借り入れができないというケースもあるのです。

クレジットカードのキャッシングサービスはあくまでもサブ機能なので、一時的に足りないお金を借りる分には良いですが、利便性なら借入専用の商品であるカードローンの方が高いと言えます。

即日発行できるクレジットカードも有り

また、数は少ないですが即日発行ができるクレジットカードも存在します。

そのため、新規申込でもキャッシング枠があるクレジットカードを当日中に受け取り、近くのATMで借り入れをするということも不可能ではありません。

例えば、ACマスターカードはアコムの自動契約機(むじんくん)、エポスカードはマルイの店舗ですぐに受け取りが可能です。

ただし、先にキャッシング枠ありで申し込みをして、審査に通過しておく必要があります。

この点はカードローンと一緒ですが、まずは早めに申し込みを済ませることが重要なのです。

クレジットカードのキャッシングは利便性が高くない商品も多くあまりおすすめできませんが、カードローンを持つことに抵抗を感じる方はあわせて検討してみてください。

質屋の質預かりでお金を借りる方法

質屋なら預ける品物さえあればすぐにお金を借りることが可能です。

カードローンの審査では、申込内容、他社借入の状況、個人信用情報などの確認が必要であるため、一定の時間はどうしてもかかる上に、人によっては融資を受けられないという可能性もありました。

しかし、質屋は利用者の審査はせずに、持ち込んだ品物の評価に応じた金額を貸し付けするため、審査結果が出るまでに1日以上かかるというケースはほぼありません。

ただし、どんな品物を持ち込むかにもよるため、いくつか候補を用意しておくと安心でしょう。

多くの質屋で安定的に利用できるのは、ブランド物の腕時計、バッグ、財布や宝石・ジュエリー類です。

中にはIT機器、楽器などでも融資が受けられる店舗もあるので、所有しているものの中で高価な品物をピックアップしてみることをおすすめします。

銀行カードローンが即日融資に対応していない理由

カードローンにはメガバンク、ネットバンク、地方銀行などが取り扱う銀行カードローンというものもあります。

記事の冒頭でもふれましたが、銀行が扱うカードローンについては即日融資を取りやめたため、どの銀行であってもすぐにお金を借りることはできません。

この背景には、貸金業者(消費者金融など)への法規制は強まったものの、銀行が行う融資に対しての規制が緩く、支払能力を超えて借り入れをしてしまう消費者が減らなかったということがあります。

現在では、銀行全体が過剰貸付を防止する、健全な貸付業務になるような対策をとるという流れが強まっており、2018年1月より審査の過程で警察庁データベースへの照会が必須となったのです。

これは銀行の資金が反社会的勢力に流れてしまうことを防ぐのが目的ですが、データーベースへの照会結果が出るまでに時間がかかるため、どんなに早くても1営業日以上を要するようになりました。

クレジットカードのキャッシングのようにすでに契約済みという場合ならすぐにお金を借りられますが、銀行カードローンに新規申込をした場合には即日融資を受けることはできないのです。

以前から銀行カードローンの審査は厳しく、時間がかかる傾向にありましたが、2018年1月以降からはすべての銀行で即日融資を受けられません。

今日中じゃなくても良いなら低金利の銀行カードローンもおすすめ

ただし、比較的審査が早い銀行カードローンであれば1週間程度でお金を借りることが可能です。

申込内容に不備がなければ1~3営業日くらいで審査結果が出る銀行が多く、その後、契約手続きを済ませれば5営業日前後で借り入れが可能でしょう。

注意点としては銀行カードローンの審査は土日・祝日だと受け付けをしておらず、休み明けの開始となってしまう点です。

例えば、3連休前の金曜日の夕方に申し込みをすると、審査の開始は翌火曜日になります。
また、木曜日に申し込みをしても平日の間に審査結果が出ないと、週明けまで連絡は来ないということにもなるのです。

時間的な余裕があるという方は、金利の面でいえば銀行カードローンがおすすめでしょう。

消費者金融のカードローンだと上限金利は18.0%程度ですが、銀行カードローンなら上限金利でも15.0%以下というところがほとんどです。

三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」だと銀行内のローン契約機でカード発行をすることもできます。

他にも、すでに銀行口座を持っている方限定でキャッシュカードにローン機能を付帯するという方法でもスピーディな借り入れが可能です。

※ 口座を持っていない方も、口座開設との同時申し込みでローン機能付のキャッシュカードの発行ができます。ただ、融資までに時間がかかる場合が多いので注意してください。

主な銀行カードローン

銀行カードローン 自動契約機 口座開設 金利 最大限度額
楽天銀行
スーパーローン
なし 不要 年1.9%~年14.5% 800万円
三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
あり 不要 年1.8%~年14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン なし 必要 年2.0%~年14.0% 800万円
三井住友銀行カードローン あり 不要 年4.0%~年14.5% 800万円
イオン銀行カードローン なし 不要 年3.8%~年13.8% 800万円
じぶん銀行カードローン なし 不要 年2.2%~年17.5% 800万円

即日融資でお金を借りるときの疑問

最後に即日融資に関して多くの方が持つ疑問をまとめました。

正しい知識をつけて、今日中にお金を借りられる可能性を高めましょう!

即日融資をしてくれる金融機関の審査は甘いって本当?

「審査が早い=審査が甘い」と思われがちですが、即日融資に対応しているからといって審査が甘いわけではありません。

すでに説明した通り、大手の消費者金融では2人に1人が審査に落ちるなどで契約に至っていません。

審査が早いのは膨大な顧客データがあり、個人向け融資のノウハウを持っているためです。

基本的な評価をコンピューターによるスコアリング審査で行なっているという点も関係はしますが、審査が早くても、しっかりと申込者の返済能力をチェックしています。

審査に不安を感じている方は消費者金融の公式サイトで借入診断をしてみましょう。
正式な審査ではありませんが、年収などの数項目を入力するだけで審査結果の目安を診断してくれます。

大手消費者金融の借入診断

消費者金融 サービスの名称 入力項目
プロミス お借入シミュレーション ・生年月日
・年収
・他社借入金額
アコム 3秒診断 ・年齢
・年収
・他社借入金額
アイフル 1秒診断 ・年齢
・雇用形態
・年収
・他社借入金額
レイクALSA お借入れ診断 ・生年月日
・年収
・他社借入件数
・他社借入金額
SMBCモビット お借入診断 ・生年月日
・年収
・他社借入金額

大手よりも中小消費者金融(街金)の方が即日融資を受けやすいの?

アイフルなどの大手の消費者金融ではなく、知名度が低く、規模も小さい消費者金融(街金)の方が審査基準は甘いと言われています。

規模が小さい会社は大手が融資をしなかった人も対象にするため、街金の方が審査は通りやすいでしょう。

しかし、大手の審査に落ちたということは、返済能力に関して何かしらの懸念材料があったということです。

そのため、街金は融資基準を大手よりも低く設定していたとしても、安易に貸し付けをすることはありません。

返済能力が低い人にお金を貸せば、期日通りの返済が行われず、ときには債務整理によって回収ができないということもあるのです。
事業規模小さいと貸し倒れが起きたときのダメージは大きくなります。

街金も即日融資に対応している業者は多いですが、より慎重に融資の可否を判断する必要があり、決して融資スピードは早くありません。

中には、対面での審査が必須という業者もあるので、特別な理由がないなら大手の消費者金融を選びましょう。

中小消費者金融なら即日融資可能で審査甘い!?

専業主婦だと即日融資が受けられない?

専業主婦の方でも一部の金融機関からであればお金を借りることができます。
しかし、自身に収入がない方だと即日融資を受けるのは難しいでしょう。

その理由は次の2点です。

  • 専業主婦は消費者金融を利用できない
  • 配偶者貸付には時間がかかる

専業主婦は消費者金融でお金を借りることができない

消費者金融は貸金業法における総量規制の対象なので、収入がない人への貸し付けが禁止されています。

そのため、専業主婦の方が利用できるのは一部の銀行カードローンだけなのですが、その場合には即日融資に対応していません。

専業主婦でもお金を借りることはできますが、銀行カードローンを利用する関係上、どうしても借り入れまでに数日はかかるのです。

配偶者貸付は総量規制の例外でも時間がかかる

収入がない専業主婦の方でも「配偶者貸付」という制度を利用することで借り入れができます。

配偶者貸付は一部の消費者金融、クレジットカード会社で申し込みができ、総量規制の例外とされているため、配偶者の年収の3分の1を法的な上限としてお金を借りることが可能です。

ただ、申し込みには配偶者の同意書、収入証明書、婚姻関係を証明する書類なども必要となり、手続き、審査はカードローンよりも煩雑になります。

銀行カードローンのように100%即日融資ができないわけではありませんが、配偶者貸付で即日融資を受けることはかなり難しいと思ってください。

【まとめ】ポイントを押さえて即日融資でお金を借りよう

大手の消費者金融だと即日融資ができるため、その日のうちにお金を借りることも難しくありません。

ただし、審査に落ちたり、審査に時間がかかったりすると翌営業日以降の借り入れになってしまう可能性もあります。

以下のポイントに該当していれば、即日融資でお金を借りられる可能性は十分にあるので、貸付条件などを比較して好きなカードローンを選びましょう。

即日融資を受けるためのポイント

  • 午前中など早い時間帯に申し込みをする
  • 他社借入がない状態での申し込みである
  • 職場が休業日でなく、在籍確認を行える
  • 希望借入金額が10万円~20万円程度の少額である

いくら消費者金融でも、深夜の申し込み、高額借入などのより慎重な審査が必要なケースではすぐに審査回答はできません。

即日融資でお金を借りるなら以上のポイントを押さえた上で申し込みをしてください。