Visaブランドのプリカ「バンドルカード」の特徴とメリット・デメリットを紹介

CMで目にする機会も増えた「バンドルカード」
気になっているけど、どんなサービスかよく分からないという人も多いでしょう。

バンドルカードは一言でいうと、年齢制限や審査なしで誰でも作れて、クレジットカードのように買い物ができるということが大きな特徴。

そんなとても便利なバンドルカードの特徴とメリット・デメリットについて詳しく説明していきます。

バンドルカードの発行を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

そもそもバンドルカードって何?

まずはバンドルカードとはどのようなものかを理解していきましょう。

バンドルカードを簡単に説明すると、スマホアプリをインストールすれば約1分で誰でも作れるVisaプリペイドカードです。

さらに通常のプリペイドカードとは異なり、お金がなくても「ポチッとチャージ」で最大50,000円までをすぐに残高にチャージできます。

ポチッとチャージしたお金は翌月末までの後払いで良いので、チャージするお金がなくても欲しいものをカード払いできるのです。

バンドルカードの仕組みを理解する上で知っておきたい特徴は以下の3つ紹介していきます。

バンドルカードの特徴

  • Visa加盟店で使えるプリペイドカード
  • 年会費や入会費は無料
  • 年齢制限や審査はなしでカード発行可能

バンドルカードは Visa 加盟店で使えるプリペイドカード

バンドルカードには、クレジットカードでお馴染みのVisaマークがついています。

ただ、クレジットカードというわけではなく、先にチャージをしておくプリペイドタイプのカードです。

アプリをインストールしてすぐに利用できるのはアプリ上に表示されるバーチャルカードですが、手続きをすれば実際のカード(リアルカード)を発行することもできます。

Suicaや楽天Edyのような電子マネーはお店によって使えないことも多いですが、バンドルカードはVisa加盟店ならどこでも利用できます。

日本国内でクレジットカード決済ができるお店のほとんどはVisaに対応しているので、クレジット決済ができる場所なら利用可能と考えて良いでしょう。

バンドルカードは年会費や入会費は無料

バンドルカードには年会費や入会費といったものは一切かかりません。

クレジットカードには年会費が発生するものもあり、安くても年間数百円、高ければ1万円以上の費用がかかることもあります。

また、年会費が無料であっても初年度だけであったり、前年度の決済金額が~円以上という条件があったりとカードを維持するのにもお金が必要になることも多いのです。

一方、バンドルカードは完全無料で使えます。

ただ、一部のカードには発行手数料がかかるので注意しましょう。
バンドルカードの種類については後述するので、そちらを参考にしてください。

バンドルカードは年齢制限や審査なしでカード発行可能

バンドルカードはプリペイドカードなので、事前にチャージした範囲でのみ買い物ができます。

そのため、クレジットカードのように使い過ぎてしまい、後で高額な請求に困るという心配もなく、発行には年齢制限も審査もありません。

公式サイトの言葉を借りれば、まさに「誰でも作れるVisaプリペイドカード」なのです。

クレジットカードには発行審査に加えて18歳以上という年齢制限があり、銀行口座から即日引落をするデビットカードも中学生を除く15歳以上という条件の商品が多いです。

前払いタイプのカードだからこそ、バンドルカードは誰でも気軽に発行できます。

ただし、一部の種類のカード発行には本人確認、未成年者の利用には保護者の同意が必要になる点は覚えておきましょう。

その他の種類のカードであれば、バンドルカードのアプリをインストールできるスマホ、会員登録時に必要になる携帯電話番号だけでカード発行可能です。

バンドルカードはこんな時におすすめ

バンドルカードは年齢制限や審査がなく誰でも作れるというだけでなく、手元にお金がなくてもポチッとチャージをすれば後払いで買い物ができるという点が特徴です。

そのため、特に次のようなときに利用するのがおすすめです。

バンドルカードが便利なタイミング

  • 手持ちの現金がないけど欲しいものがあるとき
  • クレジットカードをまだ持てない高校生のキャッシュレス決済
  • カード決済しか利用できないサービスを使いたいとき

手持ちの現金はないけど欲しいものがあるとき

バンドルカードには「ポチッとチャージ」というサービスがあり、手元にお金がなくても3,000円~最大50,000円までをチャージすることができます。

さらにポチッとチャージした金額は翌月の後払いでOKなので、実際にお金を支払うまで最大2ヶ月程度の猶予ができるのです。

クレジットカードを持っている人であれば同じように後払いで買い物できますが、中にはクレジットカードの審査に通過できない人や、年齢が理由でクレジットカードを持てない人もいますよね?

そんな方も、審査なし、年齢制限なしで発行できるバンドルカードを利用すれば、後払いで欲しいものを手に入れられるのです。

例えば、こんなときにポチッとチャージが便利です。

  • 売り切れそうな限定品をすぐにでも買いたい
  • どうしても行きたいライブのチケットを購入したい
  • 急に旅行に誘われたけどお金が足りない
  • 家電が壊れたので買い替えたい

などなど

ただし、ポチッとチャージで後払いにできる金額は人によって異なります。

初期設定では20,000円程度が上限になっているケースが多いようですが、自分のポチッとチャージの利用可能額はアプリ上から確認してください。

今あるお金だけではちょっと足りないというときは、ポチッとチャージを利用して買い物すると便利でしょう。

クレジットカードをまだ持てない高校生のキャッシュレス決済

レジで小銭を用意するのは面倒ですよね。
クレジットカードがあればキャッシュレス決済も簡単ですが、18歳以上じゃないと作れないため、高校生ではクレジットカードを持つことができません。

しかし、バンドルカードであれば年齢制限がなく、保護者の同意があれば作ることができます。

プリペイドカードなのでお小遣いの範囲を超えて使い過ぎる心配もないです。

チャージさえしておけば、クレジットカードと同じように現金不要でレジで買い物を済ませることができます。

クレジットカードが発行できる年齢まではバンドルカードでキャッシュレス決済をしましょう。

カード決済しか利用できないサービスを使いたいとき

ネットサービスやネットショッピングには現金での支払いができないものもありますよね。

クレジットカードを登録するという方法もありますが、まだクレジットカードを作れない方、1回しか利用しないサービスにクレジットカードを登録するのは嫌という方はバンドルカードを使ってください。

プリペイドカードというだけでクレジットカードと同じようにネット決済ができます。

また、チャージしてある金額までしか支払いはできないので、セキュリティが不安などクレジットカードを登録したくない場合にもバンドルカードを登録しても良いでしょう。

バンドルカードの種類

バンドルカードと一口にいってもいくつかの種類があります。
大きく分けると「バーチャルカード」「リアルカード」です。

そして、リアルカードには、通常のカードに加えて、よりクレジットカードに近い使い方ができる「リアルカード+(プラス)」が存在します。

それらの大きな違いは利用できる場所で、ネットでの決済のみならバーチャルカードで良いですが、街で利用するためにはリアルカードが必要です。

【種類別】バンドルカードが使える場所

利用場所 バーチャルカード リアルカード
リアル リアル+(プラス)
国内実店舗 ×
国内オンラインショップ
国外実店舗 × ×
国外オンラインショップ

それぞれの特徴をもっと詳しく説明していくので、自分にぴったりの1枚を見つけましょう!

すぐに作れるバーチャルカード

バーチャルカードは、バンドルカードのアプリをスマホにインストールすれば発行できます。

iPhone、Android端末の両方に対応しているので、App StoreかGoogle Playからダウンロードしましょう。
「バンドルカード」でアプリを検索すればすぐに出てきます。

アプリをインストールした後で新規登録をするとすぐに使用可能になり、発行自体は1分、チャージを含めて所要時間は3分ほどです。

バンドルカード新規登録

バンドルカード新規登録画面

実際のカードは発行されないため、バーチャルカードが利用できるのはネットショップだけになります。

カード払いしかできないネットショップや、代引きだと手数料がかかってしまう場合にはバーチャルカードが便利です。

通常のクレジットカードと同じように、ネットショップにカード情報を登録すればカード決済ができます。

バーチャルカードの基本情報

利用できる場所 国内外のVisa加盟オンラインショップ
有効期限 5年間
発行手数料 無料
本人確認 不要
残高の上限 10万円まで
1回あたりのチャージ上限額 3万円まで
月間のチャージ上限額 12万円まで
有効期限内のチャージ累計額 100万円まで

街の店舗でも使用できるリアルカード

ネットショップでしか利用できないバーチャルカードに対して、リアルカードなら街のVisa加盟店での買い物にも使えます。

また、通常のリアルカードに加えて、利用できる場所や上限金額などが異なるリアルカード+(プラス)もあるので、使い方にあわせてどちらを発行するか決めましょう。

リアルカードは、バンドルカードアプリから発行手続きをすることが可能です。

バンドルカード リアル

バンドルカード リアルは、カードが自宅に到着した後から街のVisa加盟店での買い物にも使えるようになります。

通常のVisaクレジットカードと同じようにレジでの決済に使用可能です。

実店舗ではプリペイドカードであることを伝える必要はないので、「クレジットカード払いでお願いします。」とレジで伝えましょう。

バーチャルカードとは、街での利用可否だけでなく、発行手数料の有無が異なります。

バンドルカード リアルの基本情報

利用できる場所 ・国内のVisa加盟店(実店舗)
・国内外のVisa加盟オンラインショップ
有効期限 5年間
発行手数料 300円、または400円
本人確認 不要
残高の上限 10万円まで
1回あたりのチャージ上限額 3万円まで
月間のチャージ上限額 12万円まで
有効期限内のチャージ累計額 100万円まで

バンドルカード リアル+(プラス)

街のVisa加盟店でも使用できるというのは「バンドルカード リアル」と一緒ですが、「バンドルカード リアル+(プラス)」ではさらに利用できる場所が広がり、利用限度額も高くなります。

バンドルカード リアル+(プラス)の基本情報

利用できる場所 ・国内のVisa加盟店(実店舗)
・国内外のVisa加盟オンラインショップ
有効期限 5年間
発行手数料 600円、または700円
本人確認 不要
残高の上限 100万円まで
1回あたりのチャージ上限額 10万円まで
月間のチャージ上限額 200万円まで
有効期限内のチャージ累計額 上限なし

バンドルカードにはカード1枚あたりでチャージすることができる累計額が決まっています。

有効期限内であってもその上限に達した場合には、それ以上のチャージはできません。

カードを再発行することで累計額はリセットされますが、バンドルカード リアル+(プラス)ではその上限が撤廃されています。

発行手数料は600円、または700円と通常のリアルカードと比較して少しだけ高いですが、有効期限中の決済金額が大きいならリアル+(プラス)が良いでしょう。

メリットたくさん!買い物がもっと便利になるバンドルカードの機能

バンドルカードの基本的な特徴について説明してきました。

ですが、バンドルカードにはまだまだ買い物を便利にする機能がたくさんあります。

バンドルカードの機能

  • 様々な方法でのチャージできる
  • アプリ上で過去の利用履歴を簡単にチェックできる
  • アプリからカードを一時的に利用停止にできる

バンドルカードのチャージの方法

バンドルカードには次のようなチャージ方法があります。

  • ポチッとチャージ
  • コンビニ
  • クレジットカード
  • ネット銀行
  • セブン銀行ATM

などなど

そして、バンドルカードの最大の特徴が「ポチッとチャージ」です。

Visaのような国際ブランドがついたプリペイドカードは何種類かありますが、ポチッとチャージはバンドルカードならではの機能だといえます。

クレジットカードでのチャージは実質的には後払いに近いですが、基本的に手元にお金がないとバンドルカードにチャージすることはできません。

しかし、ポチッとチャージを利用すれば、手持ちのお金がなくても1回で3,000円~最大50,000円までをチャージできます。

ポチッとチャージできる金額はユーザーごとに異なりますが、スマホ上での操作だけで簡単にチャージ費用を前借りできるのです。

ただ、ポチッとチャージには利用手数料がかかります。

そのため、手元にお金があるときは、コンビニのレジや、セブン銀行ATMなどからチャージをしてください。

バンドルカードはチャージされている金額まででしか買い物ができないので、自分にあったチャージ方法を見つけましょう。

アプリ上で過去の利用履歴を簡単にチェックできる

クレジットカードは決済情報がリアルタイムでは反映されないため、どうしても使い過ぎてしまうことがあります。

バンドルカードなら決済はチャージした範囲内ですし、チャージや決済の履歴をすぐにアプリ上で確認することができるので安心です。

普段の決済をバンドルカードで行うようにすれば、アプリの利用履歴が家計簿代わりになります。

また、残高の増減はアプリで通知を受けることができるため、万が一、不正にカードを利用されてもすぐに気づくことができるのです。

アプリからカードを一時的に利用停止にできる

クレジットカードを紛失してしまうと、カード会社に紛失の届けをして利用停止の手続きをしないといけません。

一度、利用停止をするとそのカードは使用できなくなるため、もし見つかっても再発行した新しいカードが自宅に届くまではクレジットカードでの支払いはできないのです。

一方、バンドルカードは連絡不要でカードの利用をアプリやwebから一時停止できます。

カードの利用を再開するときも、同じようにアプリやwebからの手続きが可能です。

たとえ第三者に不正使用されたとしてもチャージされている分までしか使われませんが、紛失に気がついたらすぐに利用停止の手続きをしましょう。

カードを一時停止にしてもチャージした残高はそのままなので心配いりません。

探しても見つからないようであれば再発行の手続きをしてください。

知っておきたいバンドルカードのデメリット

バンドルカードには便利な機能も多い一方でデメリットもあります。

人によっては使いにくいこともあるので、必ずデメリットについても確認した上でカードの発行を行なってください。

バンドルカードのデメリット

  • バンドルカードでの支払いはポイントが貯まらない
  • Visa加盟店でも利用できないケースがある
  • ポチッとチャージには手数料がかかる

バンドルカードでの支払いはポイントが貯まらない

クレジットカードを選ぶときはポイントサービスが充実しているかを重視する人が多いそうです。

しかしながら、バンドルカードは支払いをしても一切ポイントが貯まりません。

クレジットカードでの支払いであれば1%程度、電子マネーでの支払いでも0.5%程度はポイント還元されます。

還元率が1%なら、1年間で100万円使えば1万円分のポイントが戻ってくることになりますが、バンドルカードだと0ポイントです。

同じ国際ブランドがついてプリペイドカードでも利用金額に応じてポイントが貯まるものもあるので、ポイントサービスがないのはバンドルカードのデメリットといえるでしょう。

普段の買い物でお得にポイントを貯めたいという人は、クレジットカードや他のプリペイドカードの方が向いています。

Visa加盟店でも利用できないケースがある

バンドルカードにはVisaのマークがついているので、国内外の様々な実店舗、オンラインショップで利用できます。

この点はクレジットカードとほぼ一緒なのですが、プリペイドカードという仕組み上、Visa加盟店の中にも利用できない店舗が存在します。

バンドルカードが利用できない店舗

  • ガソリンスタンド
  • 宿泊施設
  • 公共料金
  • 定期支払い(定期購読)
  • 保険料の支払い
  • 高速道路の料金
  • 機内販売
  • 暗証番号が必要なお店(自動券売機など)
  • 本人認証(3Dセキュア)が必要なお店

などなど

クレジットカードであれば支払いができても、以上の店舗に該当するとバンドルカードでの決済はできません。

ただし、バンドルカード リアル+(プラス)でのみ、ガソリンスタンドと宿泊施設で利用ができます。

コンビニやスーパー、衣料品店などであれば問題なくバンドルカードで支払えますが、決済できない店舗もあると覚えておきましょう。

ポチッとチャージには手数料がかかる

バンドルカードの便利な機能の1つであるポチッとチャージですが、その利用には手数料がかかります。

ポチッとチャージをしたら、その翌月中にチャージした金額+手数料の支払いが必要です。

ポチッとチャージの手数料

ポチッとチャージした金額 手数料
3,000円~10,000円 500円
11,000円~20,000円 800円
21,000円~30,000円 1,150円
31,000円~40,000円 1,500円
41,000円~50,000円 1,800円

ポチッとチャージは1回3,000円以上で、千円単位で金額を指定できます。

同じ月であれば、設定された金額まで複数回に分けてポチッとチャージすることが可能です。

手数料は最低500円からなのでとても高いという印象はないかもしれません。
しかし、頻繁に利用するとなると決して安い金額ではないです。

どうしても手持ちのお金がないというときにだけポチッとチャージを利用するようにしてください。

【まとめ】バンドルカードは誰でも作れるVisaプリペイドカード!ぴったりの1枚を発行しよう

バンドルカードはプリペイドカードなので、発行にあたって年齢制限も審査もありません。

クレジットカードではないため支払いできる金額は残高の範囲内に限定されますが、キャッシュレスで買い物ができるという点はクレジットカードと一緒です。

バンドルカードはVisaの加盟店で使用できるので、クレジットカードが利用できる場所であれば使えると思って良いでしょう。

また、バンドルカードにはスマホだけですぐに発行できるバーチャルカード、アプリなどから発行手続きを行うリアルカードがありますが、種類によって使える場所や発行手数料が異なります。

発行手数料は数百円かかってしまいますが、街の加盟店でもバンドルカードを利用したい方はリアルカードがおすすめです。

この記事を参考にして、それぞれの内容を比較しながらあなたにぴったりな1枚を発行してください。